Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キーラ・ナイトレイが妊娠、出産を経て感じた変化。「自分の体を嫌いになることは二度とない」

配信

ウィメンズヘルス

キーラ・ナイトレイは、明らかに20代より30代を楽しんでいる。自分の振る舞いと体型に対する不安は、もうすっかり過去のもの。母親になったことで自信もアップしている様子。 【写真】テイラー・スウィフト「体脂肪をいちいち嫌うのはもうやめた」 アメリカ版『Elle』誌によると、若い頃のキーラは自分の体を気にしてばかりだった。でも、出産後は自分の体が成しうることに驚かされてばかりの毎日。 「女性なら、自分の体で気に入らない場所が1つや2つあるわよね」とキーラは語る。「鏡を見るたび、『脚がもっとこうだったら』『腕がもっとこうだったら』と考えてしまうときは誰にでもある」 「でも、妊娠、出産、授乳を経験したら『私の体って本当に凄い』と思うようになったのよ。そんな偉業を成し遂げられる自分の体を嫌うことは二度とない」 このインタビューの中でキーラは、不安と戦っている人々にセラピーを勧めている。 「もちろん私もセラピーの経験者。本当にオススメよ。いまは受けていないけれど、精神的にすっかり参っていた20代前半の頃は受けていた」 「人生の難しいステージにいるのなら、それを乗り越えたいのなら、できることは何でもしなくちゃ。トライしなくちゃ。自分のためになるものは、何でも試してみるべきよ」 ※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

【関連記事】