Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

異例の摘発…体験談のような“記事型広告”で「広告主も逮捕」 放置される「フェイク広告」防止策は?【前編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

インターネットを使っているときに、健康食品を試してみたら「効果が出た」と、利用者の体験談のように書かれた、通称「記事型広告」を見たことはありませんか?

こうした記事型広告を使って、違法にサプリメントを宣伝した疑いで、大阪府警が関係者の一斉逮捕に踏み切りました。

関西テレビは逮捕前に関係者を取材しました。

驚くような体験談…「記事型広告」

そのWEBサイトには驚くような第三者の体験談が並んでいました。 (広告に掲載されていた文言) 「医者が『何コレ…!?』と絶句するほど”脂肪肝”だった私が、お酒も食事も我慢せずにわずか1か月で正常値まで下げた『最強健康法』とは!?」

肝臓の脂肪の数値が「下がった」という内容に…

(広告に掲載されていた文言) 「【衝撃】ズタボロだった肝臓が半年で復活…?!お酒も食事も我慢しなくてOKな方法がスゴすぎる!」 肝機能が復活したという内容。 「肝パワーEプラス」という健康食品を使った「体験談」のように見えますが、違法な広告である疑いが強まり、大阪府警が一斉摘発に乗り出しました。 医薬品医療機器等法違反の疑いで逮捕されたのは肝パワーEプラスの販売会社「ステラ漢方」(福岡県)の広告担当(29)と広告代理店「KMウェブコンサルティング」の社長(30)、広告代理店「ソウルドアウト」の従業員(28)らあわせて6人です。

健康食品は本来、医薬品ではないため、効果や効能を宣伝することが禁止されています。 実際、肝パワーの公式の商品サイトでは法律違反となるような表現はありません。

ステラ漢方の広告担当者は、代理店2社に広告の作成を依頼し、「肝臓疾患の予防に効果がある」などとインターネット上で違法に宣伝した疑いが持たれています。

その際に使われたのが、「個人の体験」風の文章が載った「記事型広告」でした。

担当者は…「答えられない」「わからない」

【取材記者】 「こちらは肝パワーを宣伝する記事型広告にあった写真です。このクリニックについて東京の保健所に問い合わせると、今まで存在していたことはないということです」

【関連記事】