Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘタフェGKラモスのPKを分析「メッシの真似をしてくると思った」

配信

SPORT.es

ヘタフェのGKダビド・ソリアは、レアル・マドリー戦に敗れたにもかかわらず、チームのパフォーマンスに満足しているようだ。 「我々コロナ中断以来、チーム内でも非常によく競争しているし、細部にもこだわりをみせている」と『Movistar LaLiga』のインタビューに語った。 決勝点のPKを獲得したカルバハル...ファールを誘い込む切り返し ソリアは「大物との試合は細かいところで決まっている」と主張している。 「過去の試合どれも劣っているとは思っていない。続けていかなければならない」「上に上がっていくには必要な要素は沢山ある。気を緩めることはない。チームはいい気持ちで臨んでいる」と断言した。 ソリアはセルヒオ・ラモスが決めたPKについてもを分析している。 「メッシの真似をしてパネンカでくると予想していたが、それは外れだったよ」と告白した。 マドリードのダービーを終えたダビド・ソリアは、チャンピオンズリーグの予選を考えるのではなく、目の前の試合に集中している。「我々は今、オサスナのことを考えている、我々は試合ごとに最大限の力を発揮しなければならない。上を見るだけではダメだ、下も見なければならない、ビルバオのように非常に強いチームが相手にいる。我々は試合ごとに戦って、トップを目指したい」と話していた。

SPORT

【関連記事】