Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ポスピシル ATP選手協議会を退任「誇りを感じている」<男子テニス>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tennis365.net

ATP

男子テニスで世界ランク92位のV・ポスピシル(カナダ)は29日にツイッターを更新し、男子プロテニス協会のATP選手協議会(ATP Player Council)を退任すると発表した。 【ヴァセク・ポスピシル 選手詳細情報】 世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が会長である同協議会はATPの組織の1つで、他には役員会と大会協議会によりツアーを成り立たせている。 ポスピシルは「選手協議会で2年、世界ランク50-100位までの選手の代表を退任する。現在ATPの組織である選手協議会として、不可能ではないにしても、大きな決断に対して僕らが重要な影響を与えることはとても難しいと明確になった」と明かした。 「僕はいつも自分が正しいと思っていることのために戦い、誠実に妥協なく行ってきたと誇りを持って言える。僕個人の協議会でのミッションは、仲間たちのいい代表となることだった。そしてそれを僕の用いるすべてを出し切って行えたことに誇りを感じている。頭をあげて去ることができる」 ポスピシルは同協議会の代表として、新型コロナウイルスの影響でツアーが中止となっていた期間には、女子テニスのB・マテック=サンズ(アメリカ)と共にツアー選手たちと対談などを行う「テニスユナイテッド」の進行役を務めた。

【関連記事】