Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中止になった全国大会…それでも、目指すのは「全国制覇」 浜松市立高マンドリン部

配信

静岡朝日テレビ

3か月ぶりの部活動再開

「久しぶりだけど、パー練(パート練習)やります。まず休校前と同じように2フレットと5フレットいきます。さんはい…」  先週、浜松市立高校では、ようやく部活動が再開されました。マンドリン部の部員が顔を合わせるのは、約3カ月ぶりです。 3年・女子:「家ではなかなか近所のことを考えると、大きな音を出して楽器を弾くことが難しいので。1日でも早くこの状態が収まって、みんなと合奏したいという思いで毎日過ごしてました」 3年・女子:「やっぱり仲間と会えたら、ちょっと気持ち上がりますね」  浜松市立高校のマンドリン部は、全国大会優勝の経験もある名門校。現在、3年生20人、2年生36人の部員が所属しています。イタリアの楽器マンドリンなど、高音から低音の6つの弦楽器で演奏します。  久しぶりの仲間との練習。一緒に演奏できる喜びをかみ締めます。 3年・女子:「特に後輩は全然学校でもなかなか会えなかったので、顔が見れただけで、すごいうれしい」  部活動が出来なかった休校期間。少しでも自宅でできることをしようと、2年生がある企画を考えました。

2年生が映像を編集 休校期間にリモートで合奏

 画面の向こう側から聞こえてくるのは、ZARDの「負けないで」。先月10日、2年生がそれぞれ自宅で撮影した映像を編集し、Twitterに投稿しました。 Twitter 「今回なんと知らない間に2年生がテレワークで頑張ってくれていました」 2年・女子:「3年生に頼ってばかりじゃいけないと思って、自分たちで全部演奏から編集までやったので、それで3年生に少しでも元気を与えられたかなと思う」  Twitterのアカウントを運営する3年生は…。 3年・女子:「定期演奏会も中止になって、3年生も2年生もみんな落ち込んでる中で、2年生が『負けないで』という曲をやってくれたことで、言葉にならないくらいうれしくて、音楽の力ってすごいなって思って感動しました」  投稿から3週間で、再生回数は4800回を超えました。3年生も、大会などで交流があった静岡市立高校、静岡東高校とリモートで合奏に挑戦しました。新型コロナに脅かされる今の状況が、1日も早くよくなるようにと願いを込めて、演奏されたのは「祈り」。定期演奏会や学園祭などが中止となったくやしさをバネに、1つの曲を仕上げました。