Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これからのゲームは、AIがキャラクターを自動生成する時代がやってくる

配信

WIRED.jp

本当に面白いゲームを完成させるには、優れたプログラミングや豪華なグラフィックス、美しいアニメーションに加え、数千時間にも上る多大な労力が必要となる。 人工知能が「バグの発生」を未然に防ぐ 「FIFA」シリーズや「マッデンNFL」などの人気ゲームで知られるエレクトロニック・アーツ(EA)は、開発時間を短縮してゲームをより現実に近づける手段として、人工知能(AI)を活用しようとしている。また、コンピューターゲームの初期の名作に最新のAI技術を応用するという試みもある。 EAはカナダのブリティッシュコロンビア大学の研究チームと協力して、強化学習と呼ばれる手法を開発に取り入れる実験を進めている。強化学習は、動物が特定の行動の結果から学んでいく仕組みを参考にした機械学習のモデルだ。 「非常に期待のもてる成果が出ています」と、EAのシニアソフトウェアエンジニアのファビオ・ジンノは言う。ゲームのキャラクターとその動きは、基本的には手作業で作成される。例えばFIFAのようなスポーツゲームでは、モーションキャプチャーという人間の動きをデータ化する技術を使って、本物らしいプレイを生み出していく。 ただし、この方法ではデータ化した動きしか再現できない。それにアニメーションについては、プログラムを書かなければならない。 つまり、アニメーションの作成などを自動化できれば開発コストを大幅に削減できるだけでなく、ゲームそのものをさらにリアルに進化させることが可能なのだ。また、メモリーの使用を効率化すれば、複雑なゲームでもスマートフォンのようなデヴァイスで快適にプレイできるようになる。

ゲームの世界で注目される強化学習

強化学習で訓練されたコンピューターが、高度な技術を必要とするゲームをプレイしたり、難解な問題を人間の指示なしで解決したことで、このアルゴリズムは大きな注目を集めるようになった。 アルファベット傘下のDeepMind(ディープマインド)は2013年、コンピューターのプログラムにAtariの昔のゲームのいくつかを超人的なレヴェルでプレイさせることに成功している。プログラムは画面の動きと点数からゲームの遊び方を学んでいったという。DeepMindはのちに、同じやり方で驚くほど難解な囲碁を打つことのできるAIを生み出している。 EAとブリティッシュコロンビア大学のチームは今回、強化学習モデルで訓練したプログラムだけでリアルに動くサッカー選手をつくり出した。成果は7月に開催予定のCG分野の国際会議「SIGGRAPH」で発表される予定だ。

【関連記事】