Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『魔進戦隊キラメイジャー』ニチアサにきらめく超元気ヒロインの素顔。新條由芽が語る、“瀬奈お嬢様”とは裏腹なパーソナリティとは?

配信

エムオンプレス

2020年3月から放送中のスーパー戦隊シリーズ最新作『魔進戦隊キラメイジャー』で、キラメイグリーン/速見瀬奈を演じる新條由芽(しんじょうゆめ)。「突撃ライトニング!」というフレーズとともに登場する瀬奈は、100m走の日本記録を持つ女子陸上界のスピードスターで、思ったことは即行動に移すアクティブな女の子だ。一方、新條は運動がちょっと苦手で、瀬奈のようにグイグイいけない人見知りな一面もあるという。 【詳細】新條由芽さんの撮り下ろし写真 自身とは異なるタイプのキャラクターを演じることに最初は苦戦したと語るが、時間をかけて役と向き合っていくなかで、瀬奈の内側にあるさまざまな思いに気付き、それらを大事に育て表現している様子がうかがえる。速見瀬奈は、新條由芽は、これからどんな表情を私たちに見せてくれるだろうか──いまから楽しみでならない。 取材・文 / とみたまい 構成 / 柳 雄大 撮影 / 増田 慶 ◆グラビアだけじゃなかった「週プレ」撮影秘話。DVDで初披露の特技とは… ーー まずは「素顔の戦隊ヒロイン大集結」で話題となった、「週刊プレイボーイ」No.31・32(2020年8月10日号)について伺います。歴代スーパー戦隊の先輩たちのグラビアも掲載されているこの号で、表紙を飾ることが決まった際はどのように感じましたか? 【 新條由芽 】 週プレに出させていただくのは今回で5回目なんですが、表紙は初めてで、しかもこういった特集号ということで、お話をいただいたときはすごく嬉しかったですし、頑張ろうと思いました。 ーー 巻頭特集では、最初に速見瀬奈としてのグラビアが載っていて、その後に新條さんご自身のグラビアが続いています。瀬奈のグラビアページには、瀬奈としてのプロフィールがちゃんと載っていて「細かいな」と思いましたが、新條さんはこの構成をどう感じましたか? 【 新條 】 役としてグラビアを撮るという企画は今回初めてで、面白そうだなと思いました。初めはどんなものか想像できなかったんですが、できあがったものをパッと開いて見てすぐに「あっ、速見瀬奈だ!」って納得しました(笑)。 ーー 掲載されている写真で、特にお気に入りの1枚を挙げるなら? 【 新條 】 どれもお気に入りなので迷っちゃいますが……瀬奈のグラビアは、最後のページで髪の毛を下ろしてる1枚。新條由芽としてのグラビアは、薄いピンクの水着で、見開きで横たわってる1枚ですかね。 ーー 髪型もいろんなスタイリングが見られました。お気に入りはありましたか? 【 新條 】 グラビアのときは髪を下ろしてゆるく巻くことが多いんですが、新條由芽としてのグラビアの最初の1枚……これ、写真では見えないんですが、ヘアメイクさんが後ろでゆるくひとつに束ねてくださっていて。それがすごく可愛いかったです。 ーー ちなみに、新條さんみたいに可愛く写真に撮られるためにはどうしたら良いでしょうか(笑)? コツなどはありますか。 【 新條 】 え~! なんだろう……? 自分が可愛く見える角度を探すっていうのはあるかもしれないです。自分の写真を見て「この角度の顔はこう見えるんだな」とかって探したりもするので。たくさん自分の写真を見て映り方を研究したら、いい角度やいい表情がわかってくるのかな? とは思います。 ーー 普段は髪を下ろしていることが多いそうですが、髪の毛のケアで気をつけていることはありますか? 【 新條 】 人並みのケアだと思います(笑)。トリートメントして、パサつかないうちにオイルをつけて。あ、でも最近、新しいドライヤーを買いました! 美容室で売っている、ちょっといいドライヤーです。温度調節が細かくできるので、乾き具合によって温度を調節しながら乾かしています。髪の毛が長いので、乾かすのが結構大変なんですよ。 ーー さらに今号の特別付録となったDVDでは、特技のピアノも披露されています。数年ぶりに弾くとのことでかなり練習されたそうですが、手応えのほどは? 【 新條 】 このDVDのために電子ピアノを買って練習しましたが、実はいまもほぼ毎日弾いているんです。そうすると……「あぁ、もうちょっと練習できる機会があったら、ここをこうして弾けたのになあ」とかって思っちゃいますよね。でも、このときのベストは出せたと思います! ーー 今回のDVDでは“癒される曲”というリクエストから、ドビュッシーの『月の光』を選んだとのことでした。「どんな曲でもいいから、一番弾きたいものを」と言われたら、何を選びますか? 【 新條 】 ピアノを習っていたときも、激しめな曲よりも、『月の光』のような落ち着いた曲を弾くほうが得意だったんです。なかでもショパンが一番好きなので……「この曲!」とはなかなか絞れないですが(笑)、ショパンの曲を弾きたいです。 ◆苦難を乗り越えて…「瀬奈のテンションを取り戻すまでは苦労しました」 ーー ここからは、現在出演されている『魔進戦隊キラメイジャー』についてお聞きします。番組のスタートからしばらく経ちましたが、最初の頃と比べて、特に「できるようになったな」と感じることは何でしょうか? 【 新條 】 アフレコですね。キラメイジャーで初めてアフレコをやらせていただいたので、最初は勝手がわからなくて……アクションシーンでも「どのタイミングで声を入れたらいいんだろう?」と悩みましたが、最近はだいぶ慣れてきたと思います。現場でスーツアクターさんに剣の振り方を教えてもらって、「こういうときには、こういう声が出るだろうな」と自分の身体で実感できているので、アフレコに関しては一番成長したんじゃないかと思います。 ーー アフレコといえば、赤羽根健治さん演じるキラメイグリーンの相棒・魔進マッハの話題は欠かせないところです。瀬奈を「お嬢様」と呼ぶ“イケボの執事魔進”ですが、最初にこの設定を聞いたときに、どう感じましたか? 【 新條 】 私自身、アニメや漫画が大好きなので、魔進を担当する声優さん方のことももちろん知っていて。赤羽根さんが執事系のマッハを、しかも私の相棒と聞いて、「嬉しい! どんな感じになるんだろう?」って、ワクワクしかなかったです(笑)。 ーー 赤羽根さんの声は“執事魔進”にドンピシャでしたね。 【 新條 】 本当に! 赤羽根さんじゃないと、できなかっただろうなって思います。 ーー 瀬奈とマッハ、すごく良いコンビ感が出ていると思います。アフレコにも慣れてきたところで撮影が自粛期間に入ってしまったと思うのですが、この間にご自宅でこれまでのキラメイジャーを見返したりは? 【 新條 】 しました! 「あ、このときはこういう風に瀬奈を演じてたんだ」とかって思いながら見ていましたね。 ーー 最初の頃のご自身のお芝居を見て、改めて思うことはありましたか? 【 新條 】 瀬奈ってすごく明るい女の子なので、最初はテンションを上げて演技するのが難しくて苦戦していたんです。なので、最初のほうの演技を見ると「あ、ここは(テンションを上げようと)頑張ってるな」って思ったり(笑)。あとはやっぱり「早く撮影が再開しないかな」って、ずっと思っていました。 ーー そんななか、キラメイジャーのメンバーと連絡を取り合うことはありましたか? 【 新條 】 全員と連絡を取っていました。グループがあるので、そこで全員で通話したりもしていて。「早く撮影したいね」って(笑)。 ーー 長い自粛が明けて、久しぶりの現場はいかがでしたか? 【 新條 】 撮影が再開する前日に台本のセリフを声に出して読んでみたんですが、「あれ? 瀬奈ってどういう風にやってたっけ?」って、かなり苦戦しました。2か月間、ほとんど外に出ることもなく、人と喋るのも久しぶりな状態で(笑)。瀬奈のテンションを取り戻すまでは苦労しましたね。 ーー みなさんとお芝居を掛け合って、勘が戻ってきた感じだったのでしょうか。 【 新條 】 そうですね。みんなとお芝居したら感覚が戻ってきました。でも、みんなも最初は「どうやってやってたか、わかんなくなっちゃった」って言ってましたね(笑)。 ◆「人のことも、自分のことのように考えて行動できる子」 16話で発見した新たな一面 ーー 話数が進んだことで、新しく発見できた瀬奈の一面や、逆に「変わらないな」と思う部分はありますか? 【 新條 】 自分が思ったことをとりあえずやってみるという、瀬奈の精神は変わらないなと思います。本当に、『エピソードZERO』(TVシリーズに先行して劇場公開された『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』)をやったときからずっと変わらないし、新しくいただく台本を読んでもそこは一貫しているなと思います。それこそが“瀬奈らしさ”であって、瀬奈のいいところでもあるので、ずっと貫き通していきたいなと思っています。 新しく発見できた一面は……エピソード16(「マシュマロワイアル」)はキラメイシルバーの宝路さん(クリスタリア宝路/演:庄司浩平)と一緒に行動するお話でしたが、「瀬奈ってこういう考えもできる子だったんだ!」と思った回でもありました。というのも、瀬奈はいつも自分だけで突っ走っている印象がありましたが、16話では「他の人のことも、自分のことのように考えて行動できる人なんだな」って気付かされたので、それは瀬奈が見せてくれた新しい一面だと思います。 ーー 追加戦士として庄司さんが新たに入ってきた際、みなさんはどんな風に迎え入れたのでしょうか? 【 新條 】 シルバーが入ってきてすぐに自粛期間が始まってしまったので、一言喋ったくらいで会えなくなっちゃったんです。みんなで「こうちゃんと仲良くなりたいね」って……あ、みんな「浩平」とか「こうちゃん」って呼んでいるんですが(笑)。 ーー 最初から「こうちゃん」呼びができるなんて、仲良しですね(笑)。 【 新條 】 それが、ビックリしたんですが……グループのやりとりで璃央ちゃん(キラメイレッド/熱田充瑠役の小宮璃央)が「こうちゃんがね」とかってサラッと言っていて(笑)。私はそのときはまだ「浩平くん」って呼んでいたから、「こうちゃんって誰!?」って一瞬わからなかったんです(笑)。 ーー まさに充瑠のような人懐こさですね(笑)。 【 新條 】 そうですよね。「え!? いつから呼んでるの!? いつそんなに仲良くなったの!? 私もこうちゃんって呼んでいい?」って(笑)。そこから、撮影ができない間もみんなで連絡を取り合うようになりましたね。 ーー そうして6人になったことで、より「良くなったな」と感じる部分はどこでしょうか? 【 新條 】 浩平くんは私の1つ下なんですが、すごく頭が良くて、年下とは思えないぐらいしっかりしているんです。いつも、一番年上の亜飛夢くん(キラメイブルー/押切時雨役の水石亜飛夢)がみんなをまとめてくれていたんですが、6人になってからは亜飛夢くんとこうちゃんのふたりがまとめてくれるようになって、よりチームとしてしっかりと団結できるようになったんじゃないかなと思います。 キラメイジャーとしては、宝路がすごくワンダーな、はっちゃけた感じの役なので(笑)……元々みんな個性が強くて明るかったんですが、より楽しい感じになったなと思います。ずーっとワンダー、ワンダー言ってて、どこにでも入れてくるので「また言うの!?」みたいな(笑)。すごく面白いです。 ◆ここからも、いろんな瀬奈を自分なりに表現していきたい ーー ちなみに、エピソード9「わが青春のかるた道」は瀬奈メインの回でしたが、これは百人一首が新條さんご自身の特技であることから当て書きされたストーリーだったのでしょうか? 【 新條 】 そうらしいんです! 私のプロフィールにある「特技:百人一首」っていうのを見てくださって、そこから着想して書いてくださったようで、すごく嬉しかったです。まさかキラメイジャーで自分の特技を活かした撮影ができる機会をいただけるとは思っていなかったので、それがすごく嬉しくて。今後ももしかしたら、それぞれのパーソナリティから着想したお話が出てくるかもしれないって、台本をもらうたびに読むのが楽しみなんです。 ーー 逆に、新條さんご自身はあまり運動が得意ではないとのことですが、番組エンディングの“キラメイダンス”を踊った感想はいかがでしょうか? (前シリーズの)リュウソウジャーの“ケボーンダンス”と比べても、なかなか難易度が高いなと思ったのですが。 【 新條 】 そうなんですよ(笑)! 初めに「こんなダンスです」という練習用の動画をいただいて、見てみたら……最初の手と足をバラバラに動かすところ(「熱いファイヤ! 気合いメラメラ消防車」の部分)から「え!? これどうなってるんだ?」って思って(笑)。ひとりでやってみたけど全然できなくて、先生にゆっくり教えていただいて、やっとできるようになりましたね。いまはもう、完璧です(笑)! ーー まだまだ続くキラメイジャー。今後に向けての意気込みを聞かせてください! 【 新條 】 瀬奈と全力で向き合って、瀬奈らしく、どんどん突っ走っていきたいと思います。エピソード16でも瀬奈の新しい一面が見つけられたように、今後の台本でもいろんな瀬奈を見つけて、自分なりに表現していけたらいいなと思っています。 『魔進戦隊キラメイジャー』ニチアサにきらめく超元気ヒロインの素顔。新條由芽が語る、“瀬奈お嬢様”とは裏腹なパーソナリティとは?は、WHAT's IN? tokyoへ。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】