Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤川次郎のノンストップミステリ! 温泉宿で不倫疑惑に幽霊の噂、1億円騒動まで勃発!?『花嫁は墓地に住む』

配信

Book Bang

文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!  本選びにお役立てください。 (評者:藤田 香織 / 書評家)  四十年弱の歳月を経て振り返ってみても、一九八二年という年は、現在のアラフィフ世代(私もです)にとって、ひときわキラキラしていた印象深い年でした。  シブがき隊、松本伊代、堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、早見優、小泉今日子と中森明菜など後に「花の82年組」と称されるアイドルたちが次々とデビューし、「ぶりっ子」と揶揄されていた(松田)聖子ちゃんが『赤いスイートピー』で女子人気を爆アゲ。日本レコード大賞は『北酒場』(細川たかし)、オリコンの年度一位は『待つわ』(あみん)。『悪女』(中島みゆき)に『チャコの海岸物語』(サザンオールスターズ)、『聖母たちのララバイ』(岩崎宏美)、『い・け・な・いルージュマジック』(忌野清志郎+坂本龍一)などなど、今も色褪せることないヒット曲がばんばん街中に流れていたものです。  そのひとつに薬師丸ひろ子『セーラー服と機関銃』もありました。前年の十一月に発売され、十二月に公開された赤川次郎さん原作映画の大ヒットもあり、同曲は一九八二年の年間セールス第二位にランクイン(*オリコン)。『E.T.』、『ランボー』、『少林寺』。階段落ちの双璧『蒲田行進曲』と『転校生』の公開もこの年でした。  本書『花嫁は墓地に住む』が第二十七弾となる「花嫁シリーズ」は、そんな一九八二年の夏に誕生。第一作『忙しい花嫁』は、雑誌「週刊小説」でこの年の八月から十月までの連載を経て、翌八三年一月にノベルス版が刊行されました(実業之日本社/ジョイ・ノベルス)。ちょうど『タモリ俱楽部』(テレビ朝日系で放送中の人気深夜バラエティ番組)と同い年になるんですね。生みの親である赤川さんは、テレビやラジオから流れてくる『セーラー服と機関銃』を聴きながら執筆されることもあったのではないでしょうか。  それから約三十八年。今年二〇二〇年二月に第三十三弾の最新刊『花嫁は三度ベルを鳴らす』が発売されたシリーズはまだまだ好調に現役続行中! 永遠の(!?)女子大生・塚川亜由美は今も昔も、多くの読者のアイドルであり続けています。

【関連記事】