Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で「食べログ」大打撃 カカクコム1Q決算、純利益67.2%減

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia NEWS

 カカクコムが8月4日に発表した2021年3月期第1四半期(20年4~6月)の連結業績は、最終利益が14億1800万円(前年同期比67.2%減)だった。売上高は95億200万円(同33.2%減)、営業利益は22億900万円(同65.7%減)と減収減益だった。飲食店への休業要請や外出自粛による、レストラン検索・予約サイト「食べログ」や旅行口コミサイト「4travel.jp」などの収益悪化が影響した。 「食べログ」公式サイト  同社の主力サービスである食べログは、同サービスを経由した4~6月のネット予約人数が178万人(同79.6%減)となり、売上高が17億3500万円(同72.5%減)に減少。飲食店への救済措置として、食べログへの掲載料や手数料、予約人数に応じた料金を支払う従量料金などを無償化したことや、飲食店のランキング検索機能や会員限定クーポンを提供する有料サービス会員数の減少、広告出稿の減少が、売り上げ大幅減の要因になったとしている。  外出自粛の煽りを受け、旅行口コミサイトの「4travel.jp」など旅行・移動領域のサービスの売り上げも減少。同サイト運営を含む新興メディア事業の売上高は12億3600万円(同33.3%減)となった。  一方、価格比較サイト「価格.com」の事業は、売上高が59億5800万円(同6.5%増)に増加。広告出稿などは減少したものの、在宅勤務や巣ごもり需要の影響でECサイトの利用者が増加したことから、掲載店舗からの手数料収入増加で売上高を確保した。  2021年3月期(20年4月~21年3月)の通期業績予想は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により未定としている。

ITmedia NEWS

【関連記事】