Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DXの“ダークサイド”とは? オックスフォード大教授らが警鐘を鳴らす理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

あらゆるデバイスやモノがインターネットに繋がり、世の中は、もはやリアルな場所も含めて常にデジタルに繋がっていることが前提となりつつある。そして、先進的な企業が提供するサービスは、その前提に基づき、デジタルを駆使して価値を最大化することを目指しているーーこれが、今世界中で起きている、いわゆる「DX(デジタルトランスフォーメーション)」だ。 なぜ、今世界中の企業や行政がDXへ向かうのかと言えば、それは、サービスを活用する消費者が生活の質向上を求める欲求に際限がないからだと言える。人々が自身の欲求を満たしてくれるサービスに対価を支払う以上、ビジネスの原理として、これからの企業にとってDXは必須課題と言える。

“地球”にとって、DXは是か?

確かに、DXがもたらす様々な体験価値の向上(買い物にしても、サービスにしても、エンターテインメントにしても)は素晴らしい。快適さ、便利さ、楽しさなど、それらは間違いなく人々の生活の質を向上させるし、一度それを味わってしまった人々は、なかなかその生活を手放す方向へは動かないはずだ。 その証拠に、デジタル化を象徴する世界のIPトラフィックは、現在1秒間に15万ギガバイトにものぼる。ほんの30年ほど前には、1日(1秒間ではない)のトラフィックがたったの100ギガバイトだったのに、である。 さらに、データ流通量は今後2025年までに3倍になるとも予測されている。様々なコネクテッドデバイス、AI、通信システムーーそれらの進化に伴い、今後ますますデジタルが世界の経済を支える構図が加速する。 しかし、視点を「個人の生活」から、「地球全体」まで引き上げ、長期的にその動向を展望した場合はどうだろう? オックスフォード大学教授のイアン・ゴールディン教授らが発表した著書「Terra Incognita:これからの100年を生き残る100の地図」では、普段利便性ばかりに目が行ってあまり語られることのないDXのダークサイドを炙り出している。 本稿では、ゴールディン教授の提言に基づいて、闇雲なDX推進を手放しに是とせず、それら負の側面についてあえて考察したい。

【関連記事】