Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ナチュラルローソンで「読むレジ袋」配布 伊坂幸太郎、吉本ばなな、筒井康隆の新作短編で「レジ袋」に新たな価値

配信

ねとらぼ

 ローソンはメルカリとともに伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏の小説を印字した「読むレジ袋」を、6月24、25、26日の3日間限定で全国のナチュラルローソン138店舗で無料配布します。レジ袋を読むって新鮮な体験だ……! 【画像】小説をプリントしたおしゃれなデザイン  「読むレジ袋」は、「ずっと使いたくなる」レジ袋をコンセプトに企画されたもの。通常は捨てられてしまうレジ袋に小説を載せることで、「身のまわりのモノにも一つひとつに価値があると気づきを与え、改めてモノとの向き合い方について考え直す」きっかけを作る意図があるといいます。  「読むレジ袋」に印刷された小説は、メルカリが4月から始動したプロジェクト「モノガタリ by mercari」で連載されるもの。同プロジェクトでは、10名の書き手が書き下ろした「モノにまつわる」ストーリーを公式Twitterアカウントで発表しています。  配布されるレジ袋は、6月24日は伊坂幸太郎氏の『いい人の手に渡れ!』、25日は吉本ばなな氏の『珊瑚のリング』と日替わり。6月26日に配布される筒井康隆氏の『花魁櫛』については、Twitterや公式サイトでの作品公開に先行してレジ袋が配布されるほか、芝浦海岸通店での限定配布となっています。

ねとらぼ

【関連記事】