Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

20代妊娠女性に無断で堕胎術 容疑で岡山市の医師逮捕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山陽新聞デジタル

 妊娠していた知人の20代女性を無断で堕胎させ、けがを負わせたとして、岡山県警捜査1課と岡山西署は9日、不同意堕胎致傷の疑いで、岡山済生会総合病院医師の藤田俊彦容疑者(33)=岡山市北区駅元町=を逮捕、同病院や自宅などを家宅捜索した。  捜査1課によると、藤田容疑者は「私がやったことに間違いない」と容疑を認めている。同病院の外科に所属し、中絶手術は専門外とみられ、県警は詳しい経緯や動機などを調べている。女性は「おろすつもりはなく、許せない」と話しているという。  逮捕容疑は5月17日午後1時ごろから同5時ごろにかけ同病院内で、妊娠2カ月の岡山市、女性に麻酔薬とみられる薬を投与。意識をもうろうとさせて承諾を得ず堕胎術を行い、流産させるとともに約1週間のけがを負わせた疑い。  藤田容疑者は、女性から妊娠について相談を受け、「診察してあげる」と持ち掛けて同病院に呼び出したとみられる。その2日後の19日に女性の主治医である産婦人科医が診察したところ、胎児の心音が聞こえなくなっており、藤田容疑者から診察を受けたことを聞いて不審に思い、岡山西署に通報した。  岡山済生会総合病院は「詳細が不明のため事実関係を確認中。捜査には全面的に協力する」としている。

【関連記事】