Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熊 各地で被害相次ぐ 対策は地域ぐるみで

配信

日本農業新聞

 各地で5、6月に入り、熊の出没や被害が相次いでいる。岩手県では24日、農作業中の男性が熊に襲われ緊急搬送されるなど、各地で深刻な人身事故が続く。猟友会などが対策するが、熊の捕獲ができる狩猟者は限られ、負担が重くのしかかる。高齢化や担い手不足が進む現状に、専門家は「耕作放棄地の解消など地域ぐるみの対策が必要だ」と指摘する。

狩猟者不足、放棄地増加 分布域拡大か

 富山県での目撃、痕跡情報は、6月に既に50件を超え、過去10年で最多だ。5月に猟友会の男性が熊に襲われた上市町では、狩猟免許を持つ人は40人。猟の名人とされる同町猟友会会長、廣島丈志さん(70)によると、「熊の捕獲ができる狩猟者は実質、3人しかいない」という。廣島さんらは、わな免許を取得した若者の捕獲を支援するなど、後継者育成に励んでいる。  廣島さんは「人里から遠ざけることが肝心。やみくもに捕獲はしたくない」と、思いを話す。狩猟だけで熊の対策はできないと考え、住民らに対し、朝や晩に山際に出歩かない、誘引する果樹の早期収穫などの対策を呼び掛ける。  熊の捕獲には、第1種銃猟免許(散弾銃、ライフル銃)が欠かせず、大きな熊の捕獲に使うことの多いライフル銃の所持は、散弾銃の10年以上の所持実績が原則必要となる。しかし、全国的に銃の狩猟者の高齢化が進み、ライフル銃を扱える人は年々減っている。  一方、耕作放棄地の増加などで「分布域が広がっているのではないか」(西日本の複数の県担当者)との見方が広がっている。  生息頭数が900頭まで増え、3年前から熊の捕獲を始めた兵庫県。姫路市では、昨年0件だった同時期の目撃が、今年は22日現在、既に9件。地元の猟友会が対応に追われる。同県猟友会姫路支部の支部長で、狩猟歴約40年の橋本景毅さん(69)は「行政からの打診があれば、曜日関係なく出動しないといけないが、高齢化も著しく狩猟者不足が深刻だ。民家の近くへの出没情報もあり、住民の不安感を少しでも解消したい」と見据える。

【関連記事】