Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森山直太朗が語る、友部正人の魅力「言葉で語れることの限界を知りながら…」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。ビールを飲みながら、クリスとゲストが音楽談義を繰り広げる番組だ。 8月7日(金)のオンエアでは、森山直太朗が出演。森山が愛してやまない友部正人や、親交の深いハナレグミ・永積 崇について語った。

森山「僕の大尊敬するフォークシンガー」

森山は「ライブを観て印象に残るアーティスト」として友部正人をあげた。 クリス:好きなシンガー3人の中の1人でもあるそうですね。 森山:友部さんは日本のフォークブームの一端を担った方で、今もなお活動をされている、僕の大尊敬するフォークシンガーです。友部さんはシンガーであると同時に吟遊詩人でもあるんですよね。よくボブ・ディランがそういうふうに言われましたけど、友部さんも“和製ボブ・ディラン”という言葉がふさわしい人ですね。 同じ日本語を扱うミュージシャンとして、友部以上の詩情を持って音楽活動をするアーティストはいない、と森山は続ける。 森山:今はソーシャルメディアとか、言葉がすごく力を持ち出して、良くも悪くも影響力を持ち出しているけど、言葉で語れることってすごく限られている。その限界を知りながら友部さんは詩(ポエム)という手段を用いて、言葉と言葉の間にある、言葉にできない部分を表現している数少ないアーティストの1人ですね。言葉に絶望しているわけではないけれど、僕らが言葉で伝えきれていないこともたくさんあって、それを語り出したら今日のビールを朝まで飲んでも飲み足りないくらいなんだけど、やっぱり僕らがやっている音楽は答えのないものだし、かたちにとどまってはいけないものだから、友部さんは多くを語らないけど、今もなおギター1本持っていろんな場所に行って歌い続けている、スナフキンみたいな人なんですよね。自分もそうあれたらいいなっていう、僕にとってのスーパーマンみたいな人です。

ハナレグミの永積 崇は、いつも何かに悩んでる

続いて森山と親交が深く、共演して印象に残るアーティストとしてもあげるハナレグミの永積 崇の話題に。 森山:(永積)崇くんは僕にないものを全部持ってる人って感じ。彼とたまに飲むとバカ騒ぎしているだけなんだけど、ふと言ってくれる一言が自分の糧になるというかね。同世代で数少ない友だちのような存在ですね。 クリス:2人はどういう話をするの? 森山:僕も大概ですけど、彼も悩み上手で、いつも何かに悩んでるんですよ(笑)。「でもな」なんて言って。その感じがすごく個人的なもので、要するに一番自分を信じているし、一番自分を疑っているみたいな。ここ10年、20年と彼が活動を続けていく中で、その緊張感とか鮮度を保てるってなかなかないと思うんですよね。それはすごく動物的で感覚的で、つまり「自分が歌っていて楽しいか」っていつも悩んでいる。あんなに人を楽しませたり癒やしたりしてるのに。でも、悩み抜いたところにあるものを彼はいつも探している感じがして。疑いと信じているものの先を見る目線がよくて、遠い目をしてるんですよね。

【関連記事】