Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランナー必見! ランニングシューズの正しい洗い方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

ランニングシューズは汚れて当然。私たちの汗ばんだ足を受け入れて、夏の夕立にぬれながら、砂ぼこりの舞うトレイルや公園の芝生の上を走るのだから。 履くたびに洗う必要はないけれど、放っておけば見た目も機能も衰える。大事なシューズを長持ちさせるためのガイドラインをチェックしよう。今回はこの内容をイギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。

ランニングシューズは洗濯機で洗えるの?

洗えるけれどオススメできない。ラクとはいえ、洗濯機に入れてしまうとシューズが傷んだり完全に破損したりする可能性が高い。 ほとんどのシューズは通常の洗濯機の設定に耐えられないので、素材の強度や接着剤の効力が低下する。温水や洗剤の化学物質がのりを溶かし、シューズがバラバラになることも。 被害を受けるのはシューズだけじゃない。ゆるゆるになったランニングシューズを洗濯機で何度も洗えば、ドラムに傷がつくだけでなく、ソールの泥で排水溝が詰まってしまう。

じゃあ、どうやって洗えばいいの?

素材を傷めたくないのなら、手洗いが一番無難。 まず、入念に洗うため中敷きとレースを外す。従来の洗濯用洗剤は衣類用に作られているので、ランニングシューズ用に作られたクリーナーを使うこと。消臭しながら、シューズの構造を守ってくれるものがオススメ。 シューズの中に少量のクリーナーと水を入れ、糸くずの出ない布で染み込ませながら拭く。この方法で定期的に洗えば細菌の蓄積が防げるし、シューズの寿命も長くなる。

頑固な染みを取り除くには?

雨の中を懸命に走ったあとは、シューズの色やデザインが一変していることもある。それでこの世が終わるわけではないけれど、何とかしてキレイにしたい。 頑固な染みは、ネイルブラシやマイクロファイバークロスでこすってみよう。染みが消えたら、ランニングシューズ用のクリーナーと少量の水ですすごう。

乾かすときの注意点は?

ランニングシューズは高熱に弱いので、自然乾燥または日干しにすること。風通しの良い棚に引っかけたり、暖かい部屋に置いたりしてもいい。ちょっと面倒かもしれないけれど、レースや中敷きを外しておけば乾きやすい。 いずれにせよ、ラジエーターやドライヤー、乾燥機を使うのは避けて。洗濯機と同様、高温でのりが溶け、シューズが劣化してしまう。 ※この記事は当初、イギリス版『ランナーズワールド』に掲載されました。 ※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

【関連記事】