Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名将アンチェロッティへの「疑念」と「興味」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

監督交代後に訪れた好調は「新しいホウキの効果」だ

名将アンチェロッティへの「疑念」と「興味」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

アンチェロッティの特長は、強みと弱みを分析し、修正を繰り返しながら改善に繋げていく“調整力”にある。基盤を持たないエバートンで、真価を発揮できるのか。(C) Getty Images

 エバートンに相応しい監督なのか確信が持てないまま、途中就任で始まった1年目は12位で終えた。成功を収めてきたビッグクラブではない職場で、アンチェロッティはどんな仕事を続けていくのか。疑念と興味が混在する。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2020年8月20日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載) ―――◆―――◆―――  史上もっとも奇妙な2019-2020シーズンの終盤戦を、われわれはどう振り返るべきだろう。繰り広げられたのは、紛れもなくフットボールだった。しかし、新型コロナウイルスの影響による約3か月間の中断後、この競技は完全に元の姿を取り戻したわけではない。  まずスタジアムには観客がいなかった。その影響もあっただろう。インテンシティーが半減していたように思う。また、給水タイムが設けられ、交代枠は3から5へ増加した。

本文:4,936文字

写真:2
  • アンチェロッティの監督就任を機に一時的に浮上したものの、終盤で失速。好調だったキャルバート=ルーウィン(写真)も足並みを揃えるように勢いを失い……。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます