Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ピザハットとイエローハット「帽子じゃないコラボ」1年かかった理由 「弊社の『ハット』は…」「衝撃」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

企業の「中の人」の素顔が見えるのが魅力のツイッターアカウントですが、異業種同士のコラボにつながることも少なくありません。イエローハットとピザハットのアカウントが「ハット」つながりで盛り上がった結果、生まれたのが「イエローピザハット」です。頭にかぶせて使うアイテムですが、実は帽子とは言い切れない事情があります。新型コロナウイルスでストレスを抱える人が多い中、心温まるコラボが実現した背景と、水面下で繰り広げられたせめぎ合いについて聞きました。 【画像】ピザハットのロゴ…よく見ると「帽子」じゃなかった!イエローハットの執念のコラボ、幻の没ネタも

「hat」と「hut」の違い

「イエローピザハット」は、頭にすっぽりかぶれる丸い布製のアイテムです。リバーシブルになっており、タイヤとピザ、両方の姿になることができます。 どう見ても帽子のようですが、公式には帽子ではありません。その理由は「ハット」のつづりにあります。イエローハットのハットは「hat」。ピザハットのハットは「hut」。 イエローハットの「hat」は、企業のロゴからもわかるように帽子を意味します。通学時に児童がかぶる「黄色い帽子」が社名の由来で、人とクルマとの心地よい共存関係と「交通安全」を願う思いが込められているいいます。 ピザハットの「hut」は、帽子ではなく小屋です。1958年、アメリカのカンザス州ウィチタでカーニー兄弟が創業した際、小さな店舗の看板スペースは8文字分しかなかったため「Pizza」以外にあと3文字しか入らず、建物の形が山小屋に似ていたことから「Hut」を加えて「Pizza Hut」としたそうです。 両社がコラボして生まれたアイテムを帽子とは呼べないのは、会社の起源にかかわる重めの事情があったのです。

「紛らわしくてすみません」「衝撃」

アイテムが生まれたきっかけは、1年前にさかのぼります。 「ハット」つながりでツイッターでのやり取りがはじまった両社のツイッターアカウント。「8月10日(ハットの日)」に一緒に何かやろうという話で盛り上がります。 2019年8月5日に、イエローハットが、帽子前提でコラボアイテムのアイデアを提案したところ、「大変申し上げにくいのですが」というコメントとともに衝撃の事実が明らかになります。 「弊社の『ハット』は小屋の“hut”で帽子の“hat”じゃないんです…」(@Pizza_Hut_Japan) 「えっそのアイコンの帽子は」(@yellowhat_ltd) 「これ小屋なんです・・紛らわしくてすみません」(@Pizza_Hut_Japan) 「衝撃」(@yellowhat_ltd) 8月10日まで1週間を切った中での出来事に、この年は、イエローハット1社による取り組みにならざるを得ませんでした。

【関連記事】