Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤浪、森、澤田がプロ入り!全国3冠を達成した2012年大阪桐蔭ナインのその後を紹介

配信

高校野球ドットコム

 夏の甲子園、今春開催予定だった選抜大会の代替大会が続々と決定するなど、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。 【写真】2012年国体決勝 桐光学園vs大阪桐蔭の試合をギャラリーで  今回は、史上7校目の春夏連覇、史上3校目の全国3冠を成し遂げた2012年の大阪桐蔭ナインのその後を紹介する。 投手 藤浪 晋太郎 3年(阪神)2012年1位 投手 澤田 圭佑 3年(立教大-オリックス)2016年8位 投手 原崎 隼人 3年(奈良学園大) 投手 平尾 奎太 3年(同志社大-Honda鈴鹿) 捕手 森 友哉 2年(埼玉西武)2013年1位 内野手 田端 良基 3年(亜細亜大中退-日本ウェルネス大北九州) 内野手 大西 友也 3年(同志社大-ミキハウス) 内野手 小池 裕也 3年(関西大) 内野手 妻鹿 聖 3年(亜細亜大) 内野手 笠松 悠哉 2年(立教大-ヤマハ) 内野手 水谷 友生也 2年(法政大-明治安田生命) 内野手 西 勇大 3年(山岸ロジスターズ) 内野手 森島 貴文 3年(関西大) 外野手 安井 洸貴 3年(関西大) 外野手 白水 健太 3年(同志社大)現福井工業大福井コーチ 外野手 水本 弦 3年(亜細亜大-東邦ガス) 外野手 高井 洸佑 3年(中部学院大-バイタルネネット-高知ファイティングドックス) 外野手 岩田 佳樹 3年(四国学院大) 外野手 杉森 友哉 3年(関西大)  この中で、3名がNPB入りを果たす。エース・藤浪 晋太郎は阪神に1位指名を受け、2015年にはセ・リーグ奪三振王に輝く。2年生で正捕手を務めた森 友哉は藤浪の1年後、埼玉西武に1位指名で入団。昨年は首位打者、MVP、ベストナインのタイトルを獲得。立教大を経てオリックスに指名を受けた澤田 圭佑は2018年にはキャリアハイの47試合に登板。オリックスの中継ぎ投手陣を支えた。    そして、6名が社会人でも硬式野球を継続。平尾 奎太は同志社大を経て、Honda鈴鹿に入社。高校から同じ経歴の2014年夏に全国制覇を経験した福島孝輔と共にプレー。また、ミキハウスに進んだ2番・二塁手の大西 友也、ヤマハに進んだ当時2年生で6番・三塁手を務めた笠松 悠哉、高卒で山岸ロジスターズに進んだ、西 勇大、亜細亜大を経て東邦ガスに進んだ水本 弦の5名が現役でプレーする。  さらに、正中堅手の白水 健太は現在、大阪桐蔭OBで1991年の初優勝を経験した田中公隆が監督を務める福井工業大福井でコーチを務める。  現役NPB選手から指導者まで多岐に渡り高校野球引退後も野球界を盛り上げる、2012年の大阪桐蔭ナインたち。今後の活躍にも注目していきたい。 ※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

【関連記事】