Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<木村カエラ>日記で「自分をさらけ出し、視野が広がった」 デビュー15周年イヤーをつづった日記が書籍に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
毎日キレイ

 歌手の木村カエラさんの、初めての日記形式エッセー「NIKKI」(宝島社)が、木村さんのデビュー日である6月23日に発売された。デビュー15周年となった2019年1月から2020年3月までの木村さんの日記をまとめたもので、曲作りの裏側や子育て、さまざまなアーティストとの関係など、これまで語ってこなかった日常のエピソードがつづられている。「日記を書く習慣はなかった」という木村さんが“1年限定”でつづった日記への思いや、近況を聞いた。 【写真特集】可愛い…! 木村カエラ、金髪ショートでチェックワンピ ロック&キュートに

 ◇日記は「カッコつけずに自然体で」 読み返すことで“ご褒美にも”

 --「NIKKI」ではライブやレコーディングの日、人生のターニングポイントとなるような日、何気ないオフの日など、さまざまな日々のエピソードや思いがつづられています。日記を書くことになって「こんなふうに書こう」「こういうことを中心に書こう」など、イメージしていたことはありますか。

 特別なことはありません。本当に自分自身の生活を、そのまま書いていけたらいいのかな、と思っていました。

 私自身が普段どんなふう感じ、どんなふうにものを見て、どんなふうに人と接していて、どんなことを嫌だと思って、どんなことをうれしいと思うのか……。そういうことを何もカッコつけずに自然体な形で書くことが「日記」なのかなと書き始めたころに思っていたので、誰かに見られることを意識せずに書こうと思っていましたね。

 だからほかの人に見られたら少し恥ずかしいかなと思うことも書いていましたね(笑い)

 ただ、それでも(今回は)人に見られるものなので、読んだ人がネガティブな気持ちになるようなことは書かないようにしました。

 --デビュー15周年に1年間、日記を書いて、どんな感想を持ちましたか。また「NIKKI」はご自身にとってどんな本になりましたか。

 15周年という特別な期間で、さらに本当にたくさんのことにチャレンジしていた期間、すごく忙しい日々の中で書いていた日記だったので、書くことが大変な時期もありました。

【関連記事】