Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ・ヤリスクロス発表! 走る楽しさと高い質感を両立する都市型SUVとして2020年秋発売予定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

ヤリスのDNAを受け継ぐコンパクトSUV

 トヨタ自動車は、開催中止となった第90回ジュネーブ国際モーターショーにおいて披露予定だった、新型車「ヤリスクロス」を公開した。注目の主力コンパクトカーであるヤリスのDNAを継承する新たなSUVで、日本では2020年秋、欧州では2021年半ばに発売される予定だ。 【写真】質感の高いインテリアなど画像ギャラリー  ヤリスはコンパクトカーの世界基準を作ろうという気概のもと、1999年に初代(日本名はヴィッツ)が誕生。これまでグローバルで約871万台(2020年3月末時点)が販売されてきた。最新モデルは走る楽しさに最新のハイブリッドシステムを組み合わせたことで、クラス世界最高レベルの低燃費と先進の安全足ん技術を備えている。  ヤリスクロスにおいては、ヤリスが築いてきた「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指し開発された。ヤリス同様、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。一新したハイブリッドシステムの採用によって、高次元の基本性能と環境性能を実現している。  また、取り回しのよいボディサイズと、居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能を両立させている。気になるボディサイズは、全長×全幅×全高:4180mm×1765×1560mm(アンテナ除く)。ちなみにC-HRは4385mm×1795mm×1550mm、3995mm×1695mm×1620mmというサイズ。全長と全幅はライズより大きくC-HRより小さい。全高に関してはC-HRとほぼ同等だ。  ハッチバックのヤリスの雰囲気を踏襲しつつも、エクステリアデザインはオリジナルのものが与えられている。シンプルながらSUVならではのロバスト(頑強さ)を表現。インテリアもワンランク上の質感と居心地の良さを感じられる造形となっている。  パワートレインは、ガソリンエンジン仕様が1.5リッター直3エンジンにCVTの組み合わせ、はいブリッドは1.5リッター直3エンジンとリダクション機構付きTHS IIの組み合わせ。駆動方式は、前者がFFと4WD、後者はFFとE-Fourとなる。なお、ヤリスクロスは日本市場向けはトヨタ自動車東日本、欧州市場向けはフランス工場にて生産される予定だ。

WEB CARTOP

【関連記事】