Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

那覇の保健所職員 4月の残業、100時間超 コロナ対応で過労死ライン上回る

配信

沖縄タイムス

 那覇市保健所で、新型コロナウイルス感染症の主な対応を担う感染症グループ約10人のうち、5人の4月の残業時間が100時間を超えたことが分かった。過労死ラインとされる月の時間外労働は80時間。4月は市内で感染者が連日のように確認され、コロナ禍の多忙な業務が影響した。  感染症グループは、新型コロナ感染者の入院調整や感染者の移動・感染経路などを追跡する疫学調査を担当。3月は超勤80時間超が3人、うち1人は100時間を超えた。5人が100時間を超えた4月は、最大で約140時間だった。  超勤の大きな要因は、感染者が確認された際の疫学調査に時間を要し、土・日曜日も検査結果を受けた調査や病院との調整で出勤していたため。4月中旬に市役所本庁舎から保健所へ1日15人以上の職員の応援態勢が組まれるまで、同グループが電話相談業務も担っていた。  5月は市内で新たな感染者が出ていないこともあり、業務は落ち着いている。応援も今月末までの予定。  市健康部の国吉真永副部長は「ピーク時は電話が鳴りやまない状態だった」と話す。同グループの保健師は「電話対応もしていた頃は、疫学調査とのバランスが難しかった」と振り返った。応援が組まれてから激務は大分改善されたと言い、国吉副部長は「第2波が来た場合は、早めに態勢を組みたい」としている。

【関連記事】