Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋谷区笹塚にある小さな「街の電器屋さん」がカフェ匹敵のドリンクメニューをそろえる訳

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

体験型サービスが充実

 近年、家電を買う際に大型家電量販店へ出向いたり、インターネットで価格比較サイトや口コミを見て買ったりという購入方法が当たり前になりました。 【地図】笹塚にある「電化のケイオー」の場所をチェックする  そうした時代の流れをくみ、新しいサービスを次々と仕掛けている街の電器屋さんがあります。それが、1952(昭和27)年創業の「電化のケイオー」(渋谷区笹塚)です。  2019年12月に店内を大幅リニューアルした同店は、家電の販売はもちろんのこと、カフェコーナーを併設し、美容や健康をテーマにした体験型サービスを始めました。一体なぜこのような取り組みをしているのか、実際に取材しました。

各種イベントを実施

 笹塚駅から徒歩5分ほどの場所にある「電化のケイオー」。お店に入ると、冷蔵庫や洗濯機などの家電が並んだフロアの隅に、6席ほどのカフェコーナーがあります。  提供されているドリンクは、健康スムージーやチョコレートドリンク、バナナジュースなど一般的なカフェとそん色ないラインアップ。メニューには、疲労回復や目の疲れ、デトックス、体質改善など、ドリンクごとに期待できる健康効果が書いてあります。  また店内奥には「セルフエステ・ケイオースマイルビューティー」という体験コーナー。老舗化粧品メーカーのナリス化粧品(大阪市)とのタイアップのもと、パナソニック(大阪府門真市)の美容家電シリーズ「パナソニックビューティ」や化粧品を有料で試すことができます。  また「ベーシッククリア肌コース」や「フェイスラインコース」など、4種類からコースも選べ、まるで本当のエステのような体験が可能です。

キーワードは家電の“体験”

 体験へのこだわりは、「セルフエステ・ケイオースマイルビューティー」に限りません。「電化のケイオー」では展示されている家電をお店で実際に体験できるよう、調理家電を実際に使った料理教室も定期的に開催しています。  そのほかにも、専門家によるメイクやマッサージのレッスン、チョコレートマシンを使ったチョコレートドリンク飲み比べといった催しも(取材した5月時点は新型コロナウイルスの影響で、セルフエステとイベントは自粛中)。  このような取り組みをしている理由について、「電化のケイオー」を経営する京王電業社の専務取締役・福田順亮(じゅんすけ)さんに詳しいお話を伺いました。 ――カフェ併設や美容家電の体験コーナーなどの試みはなぜ始まったのでしょうか。  5~6年ほど前から、世間全体に家電製品の購入や暮らしを楽しむ「ワクワク感」がなくなっていることや、「物には十分に満たされているので、家電は壊れたら買い替えるだけ」という価値観が当たり前になってきたように感じていました。でも本来、家電の価値は実際に使ってみた“体験”にあります。  地域のお客さまと一生涯お付き合いする街の電器屋としては、買い替えを勧めるのではなく良いものをご紹介し、長く使ってもらうことが本望です。長年、商品を展示するだけの量販店とは違うスタイルでやってきましたので、小さな街の電器屋だからこそできる企画や行動力を使って、インターネットや誰かの口コミではわからない“体験”をキーワードに、商品の価値を伝えるお店作りを展開しています。

【関連記事】