Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「當麻寺」「建仁寺」「高野山金剛峯寺」本で楽しむ古寺巡礼

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/鈴木拓也 京都市産業観光局の観光客統計(2016)によると、京都市への旅行回数は「10回以上」のヘビーリピーターだけでも約6割。4~9回の人も加えると実に9割に及ぶ。そして、旅行者のおよそ8割は、旅行目的として神社仏閣の観光を挙げる。 何回も京都を訪れるというのは、それだけ多くの魅力的な神社仏閣があるからだろう。しかし、1か所を拝観するだけでも、あまりに広い境内と見どころの多さに圧倒され、ハイライトとなる部分を観るだけで手一杯。後ろ髪を引かれる思いで次へ向かうという方が、多いのではないだろうか。 そこで今回おすすめしたい1冊が『鳥瞰CG・イラストでよくわかる日本の古寺』(学研プラス)。副題の『歴史を知って訪れたい名刹74』のとおり、奈良・京都を中心に名刹74寺を、豊富なイラストを交えて解説した1冊だ。

■大寺院の広大な境内の施設を網羅

本書の最大の特徴は、各寺院の境内の施設が、CGイラストによる細密な鳥瞰図で描かれている点。例えば、奈良県の當麻寺(たいまでら)だと、入口にあたる東大門(仁王門)から、金堂・本堂を経て、最奥の浄土庭園まで網羅。国宝の鐘楼や西塔(三重塔)など、特におさえておきたい所は、囲み枠で説明が付されている。 従来の類書だと、本堂を中心とした伽藍の一部だけを描いたものだったり、縮尺が少々アバウトなものが多かったが、本書はその点で抜かりがない。観光客があまり立ち寄らない寺院施設も漏れなく描かれ、旅行前に拝観ルートを練るのにも役立つ。

変わって下の画像は、京都最古の禅寺で臨済宗大本山の建仁寺。法堂(はっとう)と方丈を中心に、その周囲にある多くの塔頭寺院(通常は非公開)までも描かれている。平成時代に作庭された、「〇△□乃庭」(まるさんかくしかくのにわ)にも言及されているのが細かい。また、建仁寺所蔵(京都国立博物館寄託)の知らぬ人なき国宝「風神雷神図屏風」の風神・雷神のイラストも右下に見える。

幾つかの寺院については、一部のエリアを拡大した見開きページを追加して、全4ページ構成となっている。 その1つが、高野山金剛峯寺。最初の見開きページでは、入口の大門から、数キロ先の奥之院までを俯瞰。次の見開きページで、金堂付近の寺院施設をクローズアップし、個々の見どころについて説明がある。

【関連記事】