Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

江頭2:50、A.B.C-Z新曲の作詞担当「言葉があふれ出てきて…」 初紅白&Mステに自信

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 お笑い芸人・江頭2:50が22日、ジャニーズの5人組グループ・A.B.C-Zの新曲「頑張れ、友よ!」で作詞を手掛けたことを自身のYouTube公式チャンネル『エガちゃんねる』で発表した。同曲はA.B.C-Zの主演映画『オレたち応援屋!!』の主題歌に起用。10月21日にシングルとして発売される。 【動画】A.B.C-Z新曲の作詞について語る江頭2:50  動画では、作詞家「エガ元 康(えがもと・やすし)」としてインタビューに応じた江頭。「メロディーを聴いた瞬間に言葉が溢れ出てきて、気がついたら書き終えてました。時計をみたら2分しか進んでませんでした。天才です」と速筆で書き上げたことを明かした。  作詞を引き受けた理由については「初めてのことでしたので、自分にできるか不安もありましたが、A.B.C-Zの曲ということで女の子にモテるかなと思い、引き受けました」と“下心”ものぞかせる。さらに、詞のテーマを聞かれると、「こんな世の中ですので誰もが悩みを持ってる。立ち止まってしまったときには、この曲を聴いて、少しでも勇気を持ってもらえたらと思います」と作品に込めたメッセージを伝えていた。  その後、歌詞を朗読すると「こっ恥ずかしいですね…」とポツリ。歌詞に出てくる「伸びしろ」という言葉についてスタッフから、この曲でA.B.C-Zの“紅白”初出場を狙えるか問われると、「逆に出れないってありえますか?」と自信をのぞかせた。また『ミュージックステーション』への出演も「私がタモリさんにお願いすればすぐに出られますから。私とタモさんはズブズブの関係」と断言し、今後この曲を引っさげ大きな話題を作ってくれるか、期待が高まる。

【関連記事】