Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ関連倒産 ハードロック・ヘヴィメタル系アーティストの興行に関わる総合サポート、ACKエンタテインメントが破産

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
帝国データバンク

 (株)ACKエンタテインメント(TDB企業コード:856024805、東京都新宿区四谷三栄町3-14)は、5月15日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。  破産管財人は川上善行弁護士(東京都千代田区丸の内3-4-2、田辺総合事務所、電話03-3214-3811)。債権届け出期間は6月12日まで。  当社は、2018年(平成30年)4月に設立。ハードロック・ヘヴィメタル系アーティストの興行に関わる総合サポートを手がけ、海外アーティストの日本招聘、CD等のデザイン、サウンドプロデュース等も行っていた。  しかし、過剰債務により営業継続が困難な状況となり、昨年5月には仕掛かり中のプロジェクトを除いて年内に興行を一時休止することを告知していた。今年に入ってからは仕掛かり中のプロジェクトを進めつつ、早期の再開も視野に入れていたが、新型コロナウイルスの発生により3月以降のイベントのキャンセルが続出。そのため、事業継続を断念し、今回の措置となった。  負債は現在調査中。