Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これって対象? 医療費控除対象・対象外を確認!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

お子さんの虫歯治療、高血圧の治療など……どれが医療費控除の対象かよく分からないという方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、医療費控除の対象ついて徹底的に解説します。

医療費控除ってなに?

医療費控除の条件について教えて 医療費控除とは、確定申告の対象となる期間、支払った医療費が一定額を超えるときに受けられる所得控除のことです。 例えば、令和元年度分の確定申告なら、令和元年1月1日から12月31日に支払った医療費が対象です。自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であることも条件です。 どのくらいお金が戻ってくるの? では、実際にどのくらい医療費控除でお金が戻ってくるのか、気になりませんか? まず、医療費控除額の計算の順序を紹介しましょう。国税庁によると、「医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額 (1)保険金などで補てんされる金額 (例)生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など (注)保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。 (2)10万円 (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額」 ここで、いきなり「戻ってくる税金の額」を計算するのではなく、「課税される所得金額」について理解することが重要です。医療費控除は「所得控除」の1つですから、医療費控除額が高ければ「課税される所得金額」が低くなり、税金が安くなるためです。 では、課税される所得金額について簡単に確認しましょう。 収入金額等-経費=所得金額(ア) この所得金額から各種控除を合計した額を引くと、課税される所得金額を算出することができます。 所得金額(ア)-各種控除合計額(イ)=課税される所得金額(ウ) 給与所得者であれば、「収入-経費(給与所得控除)-所得控除=課税所得金額」 自営業者であれば、「収入-経費-所得控除=課税所得金額」となります。

【関連記事】