Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大倉忠義×成田凌の同棲生活の様子が 『窮鼠はチーズの夢を見る』オフショット公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 全国公開中の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』のオフショットが公開された。  『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』『劇場』の行定勲が監督を務めた本作は、水城の漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写映画化した人間ドラマ。 【写真】キッチンでの成田凌  受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠義)は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会する。「ずっと好きだった」という渉からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていく。  公開されたオフショットは、恭一(大倉忠義)と今ヶ瀬(成田凌)の同棲生活の暮らしを捉えたもの。キッチン内での大倉と成田の姿が切り取られている。  本作で美術を担当した相馬直樹は、「恭一の部屋のセットプランを考えるに当たり、妻の知佳子好みの生活からの反動を感じさせることを意識しました。築年数は古く、内装の耐火ボードを剥がしたままのスケルトンな質感を生かしてリフォームしているマンションをイメージしています」と語る通り、打ちっぱなしのコンクリートが特徴的で、木製のインテリアがお洒落に品良くまとまっている。  行定監督は、「とある出来事があった翌日、ふたりが裸のまま部屋を歩き回る2人のシーンがあるんですが、そのカットこそ男同士ならではのリアリティーがあると思っています。あのシーンを撮りたいために、部屋の間取りやキッチンのシンクの高さ、カメラ位置が目線になるようになど全部計算してセットを組み撮影に挑みました」と、緻密に計算し尽くされた空間設計について語っている。  なお、劇場で販売中のパンフレットには、恭一の部屋の美術設計図も掲載されており、より深く本作の世界を堪能できる。

リアルサウンド編集部

【関連記事】