Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

話題の「アライメント」系ボール、実際どうなの? プロがいろいろ試してみた

配信

みんなのゴルフダイジェスト

男女ツアーで使用率が上がっているというボールに線が描かれたアライメントボール。グリーン上でカップを狙いやすくなるというのがウリだが、実際のところどうなのだろうか? プロゴルファー・中村修が人気のアライメントボール4モデルを比較した。

アライメントボール4モデルを比較

ターゲットに対して正確に構えるためには、専用の器具などを用いてボールにマジックで線を描くのが今までは一般的だったが、最近はあらかじめ「アライメントマーク」がプリントされているボールが流行。実際にプロが試合で使って結果を残していることも人気の理由だ。 その中から、ブリヂストン「ツアーBX ジャストインアライメント」、キャロウェイ「クロムソフト トリプルトラック」、テーラーメイド「TP5X Pix」、スリクソン「トライスター」の4モデルをグリーン上でテストした。 ショートパット、ミドルパット、10メートル以上のロングパットでどんな違いが表れるのだろうか。プロゴルファー・中村修がターゲットに向けてのセットのしやすさ、アライメントの線とフェースの構えやすさ、直進性が高い転がりをイメージできるか、ショートパット、ロングパットの5つを5点満点で比較テストした。

置きやすく転がりも見えるジャストインアライメント

【ブリヂストン ツアーB ジャストインアライメント】 セットのしやすさ  ☆☆☆☆ 構えやすさ     ☆☆☆☆☆ 転がるフィーリング ☆☆☆☆ ショートパット   ☆☆☆☆☆ ロングパット    ☆☆☆☆ 「女子ツアー開幕戦で5年ぶりの復活優勝を遂げた渡邉彩香が使用していたので、インターネット中継で気がついた人もいるのではないでしょうか。縦横十文字に太さの異なる線と点線で描かれています。シンプルですが、実際にボールをターゲットに合わせると、とても合わせやすかったという印象です」(中村)

また、中村は、「中央の線の両サイドにある点線が効いています」とこう言う。 「この点線まで含めた太い線を転がすイメージで打てるので直進性の高い転がりになるイメージが沸きました。転がるボールを目で追うと、線が一周回ってきれいな線を描いていました。そういった意味で転がりのフィーリングは4点にしました。さらにショートパットでの安心感も高いので、短いパットが苦手な人にはおススメします」

【関連記事】