Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

観光再開と安全確保、新型コロナの流入防ぐ「ヘルス・パスポート」。スペイン・カナリア諸島、欧州全域での導入可能性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

リトアニアの観光再開、国境封鎖解除広がる欧州

新型コロナ感染増のピークが過ぎたと思われる欧州では、観光再開に向け国境封鎖解除に踏み切る国が出てきている。 ロンリープラネットが6月1日に報じたところでは、バルト三国の1つリトアニアが国境封鎖を解除し、欧州24カ国からの旅行者受け入れを開始した。旅行者は、14日間の隔離なしでリトアニアに入国することが可能だ。 これら24カ国は、過去14日間、新型コロナ感染者数が人口10万人あたり15人未満だった国。オーストリア、ブルガリア、エストニア、オランダ、クロアチア、アイスランド、ギリシャ、キプロス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ラトビア、ノルウェー、フランス、ドイツ、フィンランド、デンマークなどが含まれる。 リトアニアのほかには、アイスランドが6月15日から14日間の隔離なしで海外旅行者受け入れを開始する計画だ。7月には、欧州各国において同様の動きがさらに加速することが見込まれている。 感染者24万人、死者2万7000人以上と深刻な状態に陥ったスペインでも観光再開に向けた動きが加速中だ。感染者の増加スピードは5月に大きく減速した。7月から14日間の隔離なしで海外旅行者の受け入れを開始する計画という。 スペイン地元紙EL PAISの5月25日の記事によると、同国政府は当初、夏のホリデーシーズンまでの観光再開は難しいと見ていたが、感染者増の抑制が奏功していることを踏まえ、6月から国内観光推奨、7月から海外観光客の受け入れを開始する方針に転換した。 スペインは年間8000万人以上の旅行者が訪れる観光大国。GDPに占める観光産業の割合は12%。工業、金融と並び、同国経済の主軸の1つとなっている。 スペインを訪れる旅行者を国別で見ると、最大は英国。2018年には1850万人以上が同国を訪れた。このほか、ドイツ(1100万人)、フランス(1100万人)、イタリア(438万人)、オランダ(384万人)、米国(294万人)、ベルギー(250万人)からの旅行者が多い。日本からは同年55万人がスペインを訪れている。 スペイン政府は、シェンゲン圏の国々と「移動の自由」、安全性の確保、感染防止のルールに関して、コンセンサスを得えたい考えという。

【関連記事】