Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心を癒やしてくれる作品 新作アニメで志田未来ら

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 女優の志田未来が、アニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」で、主人公笹木美代の声を演じた。孤独を抱えながら、いちずな恋心を抱く女子中学生役で「美代たちが、周囲の愛情に気付いていく姿が描かれる。疲れた心を癒やしてくれる作品」と語る。  突拍子もない言動で、周囲から「ムゲ」(無限大謎人間の意)と呼ばれる美代。学校になじめず、家族にも本心を伝えられない彼女の唯一の楽しみは、不思議なお面の力で猫の姿になり、大好きな同級生日之出賢人に会いに行くことだ。  志田自身、中学時代は「プチ反抗期で、家族や友人の気持ちをうまく受け止められずにぶつかっていた」。収録の際は当時の心境も思い出しつつ、美代として感じたことを素直に表現した。  猫に変身するシーンでは、本物そっくりの鳴きまねも披露している。「家でひたすら猫動画を見て研究した」と“役作り”の方法を明かした。  美代が思いを寄せる賢人を演じた人気声優の花江夏樹は「志田さんの飾らないお芝居が素晴らしい。僕も型にはまらない演技を心掛けた」と話す。

 監督の提案で、臨場感を出すため、志田が花江の目を見てせりふを言うこともあったという。志田は「モニターを見ながら演じるのと違って、恥ずかしかった」。花江も「初めての経験で、すごくドキドキした」と振り返った。  映画は18日から動画配信大手ネットフリックスで世界同時配信。

【関連記事】