Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

片足立ちで靴下がはけない人は将来の「寝たきり」リスク大…ロコモは40代から始まる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 あなたは、片足立ちで靴下がはけるだろうか? もしできなければ、ロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)の心配がある。  ロコモとは、骨や関節、筋肉などの運動器が衰え、転倒、それによる骨折や寝たきりの可能性が高い状態をいう。2009年につくられたのがロコモをチェックする7つの項目だ。  それは冒頭の「片足立ちで靴下」のほか、「階段を上るのに手すりが必要」「家の中でつまずいたり滑ったりする」「横断歩道を青信号で渡りきれない」「15分くらい続けて歩けない」「2キロ程度の買い物をして持ち帰るのが困難」「家のやや重い仕事が困難」。 「1つでも当てはまればロコモの心配があります」(慶応義塾大学医学部整形外科学教室・松本守雄教授)  もし、7つのロコモチェックで引っかかるようなら、ロコモの評価法である「ロコモ度テスト」をやってみるべき。これは「立ち上がりテスト」「2ステップテスト」「ロコモ25」の3つで構成されている。  立ち上がりテストは「両腕を組んで高さ40センチの台に腰掛け、反動を使わずに両足で立ち上がり、3秒間保持できるか。また、同じことを片足でもできるか」。2ステップテストは「できる限り大股で歩いた2歩幅分を身長で割った数値がいくつか」。ロコモ25は「この1カ月の体の痛みや、普段の生活で困難に感じていることなど25の質問で測定した点数」(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公式HP「ロコモONLINE」参照)。  これらをもとに「ロコモ度1」か「ロコモ度2」かを判定する。立ち上がりテストで「どちらか一方の足で40センチの台から立ち上がれないが、両足で20センチの台から立ち上がれる」、または2ステップテストで「1・1以上、1・3未満」、またはロコモ25で「7点以上、16点未満」であればロコモ度1。  もし「両足で20センチの台から立ち上がれないが、30センチの台から立ち上がれる」(立ち上がりテスト)、または「0・9以上、1・1未満」(2ステップテスト)、または「16点以上、24点未満」(ロコモ25)であればロコモ度2になる。 ■新たな判断基準「ロコモ度3」が登場 「ロコモの疫学で、40歳以上の日本人4590万人がロコモ度1以上の該当者で、ロコモ度2の該当者は1380万人になります。そして今回新たに加わった判断基準がロコモ度3です」(松本教授)  同じく3つのテストで判断する。立ち上がりテストで「両足で30センチの台から立ち上がれない」、2ステップテストで「0・9未満」、ロコモ25で「24点以上」のどれかひとつに当てはまればロコモ度3になる。  ロコモ度1~3は病名ではないので、すぐに医療が必要とはならないが、ロコモ度に応じて、「なぜその状態が起こっているのか」を調べることは重要だ。  運動器の病気では、骨粗しょう症、骨折、変形性関節症、変形性脊椎症、神経障害、サルコペニアなどがあり、運動器の痛み・能力の衰えが関係していることもある。それらに対し、運動・リハビリテーション、投薬、手術などを行えば、転倒・骨折を防げ、要介護になるのを回避できるかもしれないのだ。  具体的には、ロコモ度1であれば、転倒防止につながる運動やタンパク質・カルシウムを十分に含む食事。ロコモ度2であれば、痛みがある場合は運動器疾患を発症している可能性があるので整形外科の受診。そしてロコモ度3であれば、移動機能の低下のため社会参加が制限されている状態。今後、自立できなくなるリスクが高いので、早めの整形外科専門医の診療・治療が必要だ。  ロコモは40代から始まる。靴下を立ったままはけなければ、ロコモ度がいくつかチェックするべきだ。

【関連記事】