Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スズキ、「クロスビー」一部仕様変更 「スズキ セーフティ サポート」に車線維持支援機能初採用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 スズキは10月15日、小型乗用車「クロスビー」を一部仕様変更して発売した。価格は180万5100円~220万7700円。 【この記事に関する別の画像を見る】  今回の一部仕様変更では、パーソナルテーブル(後席左右)やシート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど、使い勝手のよい装備を採用した「HYBRID MV」を新設定。モデルラインアップを計3機種に拡充した。  加えて、「HYBRID MZ」にラックススェード&レザー調の専用シート表皮やダークグレーパールのインパネ、ドアトリムのカラーパネルなどを採用する「ブラックインテリアパッケージ」(3万8500円)をメーカーオプションとして設定した。  また、HYBRID MV、HYBRID MZの安全装備を拡充。車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能をスズキで初めて採用したほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートの採用により、スズキ セーフティ サポートをより充実させた。  ボディカラーは、新色の「タフカーキパールメタリック」「プレミアムシルバーメタリック」を追加。「スピーディーブルーメタリック」にホワイト2トーンルーフ仕様を、タフカーキパールメタリックと「バーニングレッドパールメタリック」にブラック2トーンルーフ仕様を、「スーパーブラックパール」「キャラバンアイボリーパールメタリック」に3トーンコーディネート仕様をそれぞれ設定して、計13パターンのラインアップとした。  なお、クロスビーは経済産業省や国土交通省などが推進する安全運転サポート車のうち、高齢運転者にとくに推奨する「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」と、国土交通省が走行中または停止中の車両に対する衝突被害軽減(自動)ブレーキが一定の性能を有していることを認定した「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

Car Watch,編集部:北村友里恵

【関連記事】