Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダイニングで在宅仕事。食後のごちゃごちゃを即リセットするテク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

テレワークの導入により、リビングで仕事をする人が増加中。ダイニングテーブルの上に仕事の資料と日用品があふれかえり、大変なことになっていませんか? まさか100円グッズとは思えない!高見えするワークスペースのつくり方 「わが家のダイニングはどれだけ散らかっても3分で元通りです」と笑顔で語る整理収納アドバイザーの平野えりさんに、その仕組みを教わりました。

仕事も食事も兼ねるリビングがつねにすっきりする収納のコツ

自宅は70平米で収納スペースも少なめなので、ダイニングは散らかりがちという平野さん宅。ですが、「3分あれば片づくので大丈夫!」と余裕たっぷり。使う場所としまう場所を近くにして、ものの定位置決めを徹底するだけで、驚くほど毎日がラクになったのだそう。 まずは散らかった状態のお部屋から紹介してもらいます。

<BEFORE> ダイニングテーブルが仕事も食事も兼ねていると、つねに散らかりがちです。

これも3分あればあっというまに片づいてしまいます。

<AFTER> すぐにマネしたい、散らかった部屋を素早くリセットできる収納テクニックを教えてもらいました。

●仕事道具はファイルボックスに入れて棚に戻すだけ! ダイニングのテーブルで仕事をすることが多い平野さん。

「テーブル横にオープン棚を置き、ファイルボックスを並べています。ラべリングすれば、片づけも迷わずスムーズです」

●作業を中断するときは…一時避難用ボックスに入れていったん棚へ 来客など、急きょ片づけが必要な場合に備え、常にからのボックスを棚のいちばん取り出しやすい場所に用意。 「ボックスに丸ごと放り込めるので、作業再開もすぐできます」

●引き出し内は大きく仕切り、よく使うものを手前にしまう 棚の中段に置いた無印良品の引き出しには、おもに文具や梱包用品を収納。 「無印良品の整理トレーで仕切り、出し戻しがしやすいよう、使用頻度の高いものを手前、低いものを奥に配置します」

●コーンフレークはすぐ取れるようガラスビンで見せる収納に 朝食のたびにキッチンから持ってくる作業を省けるよう、ビンに入れて保存。 「食べ終わったらカウンターにポンと置くだけで片づけ完了! ダイニングのディスプレーとしても一役買っています」

【関連記事】