Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野田秀樹演出『赤鬼』が問う「差別」と「偏見」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Numero TOKYO

東京芸術劇場の演劇自主事業としての公演が、7月24日再開される。上演されるのは芸術監督・野田秀樹が作・演出を務める『赤鬼』だ。 『赤鬼』は、ある漁村に“赤鬼”がやってくることで、既存の世界が異なる存在によって脅かされ、揺り動かされる様子を描く作品である。見えないものを恐れる人間が「精神を暴発」させる。まさに、今、私たちが日常直面している事態そのものだ。 しかし、これは偶然の一致ではない。この『赤鬼』が初演された1996年は、HIV感染を理由に現役を退いていたNBAのマジック・ジョンソンが復帰し、日本でも前年に「薬害エイズ問題」が取りざたされている頃である。人種差別を禁じた南アフリカ共和国憲法が施行されたのも1996年だ。今、この時期に存在感を増す『赤鬼』は、ずっと“他者への想像力の欠如と不寛容”“移民や異なる人種への差別” “未知なる存在といかに共存するか”を訴えてきた作品なのだ。だからこそ、ロンドンやタイといった外国での公演も受け入れられてきたのだろう。 一部の人のものだと信じられてきた「偏見」や「差別」。こうしたテーマを、世界の多くの人が実感することになった今、私たちの方がやっと『赤鬼』をキャッチできそうになっている。私たちは、この「コロナの時代」を通して、ある意味この上ない機会を与えられようとしているのかもしれない。 野田の直筆メッセージの言葉を借りれば“「やる価値」も「見る価値」もある作品に仕上がってしまった”『赤鬼』を演じるのは、野田が演劇人の発掘・育成を目指して募集し、ワークショップなどで修業に励んできた「東京演劇道場」の道場生たち。この道場生たちをいくつかの組に分けて上演することになっている。コロナへの対応の中から生まれる化学反応を演出家は期待しているに違いない。

【関連記事】