Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

格差はっきり「地方版図柄入りナンバー」 熊本&福山人気 世田谷レア 今後は「全国版」も

配信

乗りものニュース

「地方版図柄入りナンバー」申し込み件数 トップと最下位で54倍の差

 2018年10月に、いわゆる「地方版図柄入りナンバープレート」の交付が41地域で開始されました。それから約1年半を経た2020年6月現在、申し込み件数に大きな格差が生まれています。6月22日10時現在の申し込み件数トップ5と、ワースト5は次の通りです。なお、申し込み件数は登録車と軽自動車の合計です。 【一覧】図柄入りナンバー41地域の申し込み件数 トップ/ワースト5地域のデザインもチェック ●トップ5 ・1位「熊本」(熊本県全域):1万8332件 ・2位「福山」(広島県福山市ほか4市3町):1万2978件 ・3位「愛媛」(愛媛県全域):7632件 ・4位「奈良」(奈良県全域※):7563件 ・5位「仙台」(仙台市):7509件 ※2020年5月に橿原市など5市町村が「飛鳥」ナンバーに。 ●ワースト5 ・5位「平泉」(岩手県平泉町ほか2市2町):807件 ・4位「佐世保」(長崎県佐世保市ほか3市5町):801件 ・3位「杉並」(東京都杉並区):592件 ・2位「越谷」(埼玉県越谷市):526件 ・1位「世田谷」(東京都世田谷区):340件  国土交通省の資料によると、熊本の図柄入りプレートは、特に軽自動車で、2018年10月から2020年3月までに購入されたクルマ(新車と中古車の両方)の10%近くが申し込んでいるそうです。この熊本と、最下位の世田谷とでは、申し込み件数で約54倍もの差がついています。

キャラクターで人気の熊本&福山

 熊本と福山の図柄入りプレートについては、交付開始当初から申し込みの好調ぶりが伝えられていました。というのも、熊本は熊本県のキャラクター「くまモン」が、福山はプロ野球「広島カープ」のキャラクター「カープ坊や」が、それぞれプレートのデザインに使われているからです。 「『走る広告塔』として地域の魅力を全国に発信する」という地方版図柄入りナンバープレートは、その趣旨から、地域の名所や風景、特産品、花、祭り、歴史などにまつわる複数の図柄が組み合わされたものが多くを占めます。なかには、ご当地キャラクターを使ったものもありますが、熊本と福山に関しては、有名キャラクターを前面に押し出したデザインであることが特徴といえるでしょう。  熊本県の担当者は2019年5月の取材時、熊本ナンバーのデザインについて、複数案から県民投票で選んだものではあるものの、キャラクターの認知度の高さから、どの案でも「くまモン」の使用は前提だったとしています。  また福山ナンバーの「カープ坊や」について福山市の担当者は、福山ナンバーの地域が複数自治体で構成されることもあり、名所や特産品を図柄にする案ではイメージが一致しなかったそうです。そこで、「そもそも福山ナンバーの地域が広島県にあることを知ってもらえるデザイン」として打ち出された側面があると話していました。  ちなみに3位の愛媛ナンバーも、やはりキャラクターものです。県のキャラクター「みきゃん」、そして瀬戸内海と太陽がモチーフとされています。

【関連記事】