Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食事と運動の量を変えず、体脂肪を減らす4つの方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

目標体重に近づくにつれて、体形を絞るのが難しくなるというのは事実。目標体重まであと少しの体脂肪を減らすためには、さらに気合いを入れる必要がありそう。そこで今回は、食事制限をしたり、過度に運動をすることなく目標体重に到達するための、驚くほど簡単に実践できる賢明なテクニックを4人の栄養士が伝授してくれた! 今回はこの内容をイギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。 【写真】「体脂肪」を減らすために、午後にすべき4つのこと

1.体内に水分をためない

体内に余分な水分をため込むと、体重が変動しないばかりか増加する原因にもなる。しかし、管理栄養士のサラ・フルグラットによれば、あるシンプルな方法で水分の貯留やむくみを防ぐことができるそう。 「ゆっくりと食べ、塩分の高い食べ物を減らすこと。そして、1日を通して水をたっぷり飲みましょう」

2.有害な化学物質に気をつける

BPA(ビスフェノールA)、フタル酸エステル、パラベン、PCB(発がん性物質として知られるポリ塩化ビフェニル)など、肥満の原因となる化学物質は、目標体重の達成を妨げてしまう。 「これらの化学物質は、内分泌系の機能を妨害し、エストロゲンの分泌を増加させます」と説明するのは、公認臨床栄養学者のジェニファー・カッセッタ。「そうなると、インスリンの抵抗性が低くなり、満足感を調節するホルモンが乱れて甲状腺機能が抑制されるため、体重増加につながります」 こういった化学物質を完全に食べないようにするのは難しいけれど、プラスチックボトルではなくガラスのものを使用したり、汚染値が低い魚介類を選んだり、パラベンを含まない化粧品を使うなどして、段階的に減らしていくことはできる。

3.睡眠を優先させる

十分な睡眠をとることは体重を減らすツールとしてはかなり効果的。 「普段より1時間早く就寝するだけで、高カロリーなスナックを食べてしまいがちな時間を減らすことができます」と話すのは、管理栄養士のジョージ・フィアー。 これに加え、夜に十分な睡眠がとれると、その翌日はよりヘルシーな食事を選択できたり、ジムに行くのに十分なエネルギーを蓄えられる。

4.体重ばかり気にするのをやめる

管理栄養士のマリサ・ムーアによれば、体重計に乗ったときに見たい数字は人それぞれあるものの、体には別のプランが存在することを認識するべき。 「体重ではなく、体のサイズや新しい服のフィット感、活力や体力が増えたかどうかで成功をはかってみるといいですよ」 ※この記事は当初、アメリカ版ウィメンズヘルスに掲載されました。 ※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

【関連記事】