Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来年の春季キャンプはどうなるのかな?【川口和久のスクリューボール】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

巨人独走のセの不安

来年の春季キャンプはどうなるのかな?【川口和久のスクリューボール】

無観客でスタートした開幕戦風景[東京ドームの巨人-阪神戦]

 ペナントレースは後半戦に入っているが、各球場がさらに盛り上がっているかというと……それはどうなのかな。新型コロナのため仕方がないことだが、5000人が観客の上限で、言葉を発しての応援もできない。音響や空いた席に物を置くなど、いろいろな工夫はしているが、解説で球場に行くたび、寂しさを感じるのは確かだ。  9月19日から収容人数の50%に緩和すると言っても、応援の自粛などは変わらないし、飲食店もいきなりすべて開けるわけにはいかないでしょ。最初は久しぶりで新鮮だからと来ても、制限の多い観戦スタイルに戸惑いもあるだろうし、かなりの密になるからと敬遠する人もいるだろう。そこまで目いっぱいは入らないかもしれない。  もっと言えば、心配なのは巨人独走のセ・リーグだ。そのころには巨人のマジックが出ていそうな気配だが、これだけ大差でCSもないとなると、巨人戦以外は消化試合みたいなものになってくる。特に巨人が早々に優勝を決めた場合、その後は巨人だけじゃなく、どのチームも主力を休ませながらになるはずだ。「やっと球場に来られた!」とテンションの高いお客さんには、物足りなく感じられるかもしれないな。  それじゃなくても、今年は球団経営が心配だ。120試合はやったわけだし、放映権料、スポンサー料はそれなりに入ったかもしれんけど・・・

本文:1,779文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール