Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「君の想いは自粛するな」コロナ終息後にしたいこと、将来の夢…高校生が発信

配信

高校生新聞オンライン

新型コロナウイルスによりさまざまな活動が制限される中、オンライン上で交流を図り、同世代から新型コロナ終息後に向けた夢や思いを集め、発信する高校生らがいる。「#君の想いは自粛するな」というスローガンを掲げたプロジェクトの中心メンバーに活動にかける思いを聞いた。(中田宗孝)

コロナ終息後にやりたいこと、夢を投稿

インターネット上で繋がった高校生グループによる「#君の想いは自粛するなプロジェクト」は、新型コロナウイルスが終息したらやりたいこと、将来の夢、自分の思いを1枚の紙に言葉や絵で自由に表現し、ツイッターやインスタグラムに「#君の想いは自粛するな」「#567を超えろ」「#568」のハッシュタグを付けて投稿してもらう取り組みだ。

作品の応募者は高校生に限定せず、小中学生や大学生からも広く募っている。プロジェクトの中心となる高校生たちが作品を集約し、この活動を象徴するモザイクアートの完成を目指している。

目標に掲げる作品数は568点以上。この数字には「コロナ(567)を超える」という意味が込められており、5月13日の時点で210点が集まった。

「思いを文字にすると自分を見直せる」

プロジェクトの代表を務める池田佳隆君(愛媛・松山東高校3年)が、新型コロナによる自粛期間中、久しぶりに書道をして「自分の気持ちと向き合えた」と感じたことが活動のきっかけとなった。

「自分の思いを文字に書いてみると、今の自分自身を見つめ直せる。コロナによって行動が制限される今だからこそ、自分の思いを『外』に発信して成長する機会にしたいと思ったんです」(池田君)

新型コロナによって学校に通えない、部活ができない、友達と遊べないと途方に暮れる高校生は多い。

「でも自分の思いや夢は自粛しなくていい。コロナをとび箱にして高く飛んで、新しい自分に出会う。そんな人生のターニングポイントとなるような活動ができるはずだと」

オンラインで全国から仲間が集まった

池田君が校外イベントを通じて以前から親交のあった富田尚幹君(愛知・滝高校3年)に相談を持ちかけ、構想がより具体的になり、現在のプロジェクトの方向性に近づいた。

【関連記事】