Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桃月なしこがアメコミファンの祭典”DCファンドーム”で可愛すぎるバットウーマンのコスプレを披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

モデル、コスプレイヤーとして幅広く活躍する桃月なしこが、8月23日と9月13日に行われたアメコミファンの祭典”DCファンドーム”の世界同時オンラインイベントに出演。今回、桃月なしこより、イベント出演について感想が届いた。 【写真】桃月なしこの可愛すぎるバットウーマン ”DCファンドーム”は、『ジョーカー』や『ワンダーウーマン 1984』でおなじみのDCが贈る、史上最大のアメコミファンの祭典。23日に開催された第一弾では、全世界視聴者数2,200万人、53ヵ国で”DC”がTwitterトレンド入りを果たした。 桃月なしこは”DCファンドーム”に出演した感想を「世界中で愛されている、そして世界中で配信されるDCファンドームに日本人のコスプレイヤーとして出演できたことを、本当に光栄に思います」とコメント。 また、バットウーマンのコスプレをしたことについて「収録当時はこのバッドウーマン、まだ日本では配信されていない作品だったので、ネットとかで検索して、どうやったら寄せられるかな、どうしたらオリジナリティを出せるかなと言ったことをスタイリストさんやヘアメイクさんと話しながら考えました。結果、共演させていただきました杉山すぴ豊さんにも褒めていただいてすごく嬉しかったです」と語った。 さらに、おすすめのDC作品については「『バッドマン』や『スーパーマン』、『ジョーカー』はもちろんなのですが、DC作品は時系列が大事な作品もあるので、他の作品を観てないと楽しめないんじゃないかという方もいると思うんですが、そんな人でも楽しめるのが『アクアマン』や『シャザム!』だと思います。これらは一つ一つが完結しているので、DCを初めて観てみたいなという方や久しぶりにサクッとって方でもに入りやすい作品です。あのハーレイ・クインで話題になった『スーサイド・スクワッド』もスピンオフ作品なので、この一作でも私は十分に楽しめちゃってます」と、解説してくれた。

ENTAME next編集部

【関連記事】