Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実験的新店舗「ユニクロ 原宿店」が6月5日オープン。圧倒的な斬新さを示す「20枚の写真」

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ユニクロは6月5日に、ユニクロ原宿店をオープンする。場所は同日に開業するJR原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU」の1階と地下1階。 【全画像をみる】実験的新店舗「ユニクロ 原宿店」が6月5日オープン。圧倒的な斬新さを示す「20枚の写真」 世界初の売り場となる、同社の着こなし発見アプリ「Style Hint」と連動したスペースを用意するなど、今までにない実験的な施策がある店舗となっている。 同社はオープンに先駆け、報道関係者向けに店舗内部を公開。“原宿”という土地柄にあわせた実店舗の特徴を見てみよう。 WITH HARAJUKUは原宿駅東口から出て横断歩道を渡ればすぐ目の前にある 1階から入ると、目の前にはユニクロのTシャツ「UT」の専用売り場「UT POP OUT」が展開されている。 UT POP OUTではクリエイターや旬の話題とのコラボ商品がピックアップ。オープン直後はアメリカの歌手のビリー・アイリッシュと芸術家の村上隆のコラボが展示・販売されている。 また、Tシャツ以外にノートや豆皿といった雑貨も販売。いずれも原宿店の先行販売商品(今後、他店舗にも展開)だ。 奥に進むと階段があり、地下1階の売り場につながっている。 店舗面積は約600坪。1階のUT POP OUTは約80坪の広さで、多くの商品は地下1階にまとめられている。 地下1階にもUTの売り場があり、さまざまな柄の商品を手に取って確認できる。 自分だけのTシャツが作れる「UTme!」のコーナーもある。価格は1500円(税別、Tシャツ込み)から。 フロア内には所狭しと、商品や同社の趣向をこらしたブランド展示が行われている。 ファッションブランド・AMBUSHとコラボした、世界にただ1つ、漆黒の巨大ミニーマウス。圧巻。 ユニクロの環境保全に関する取り組みの詳細展示や巨大リサイクルポスト。 コーディネート見本のほか、原宿に関連する雑誌や書籍も販売されている。 音楽配信サービスSpotifyと連動したアーティストコラボスペースもあり、ここでしか聴けない曲やプレイリストの試聴などができる。 メインの売り場から少し離れたところに、世界初のStyleHintの特設売り場がある。 専用売り場には240台のタッチディスプレイが並べられており、一般投稿も含め、さまざまな“着こなし”が表示される。 好みの着こなしのテーマをタップすると、関連するコーディネート例が表示される。 さらにその例をタップすると、ユニクロのどの商品で実現できるか、原宿店内の売り場位置の確認もしくはオンラインでの購入が可能。

【関連記事】