Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生誕100年、チャーリー・パーカーの新たな伝説が生まれる【ジャズを聴く技術 ~ジャズ「プロ・リスナー」への道】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

ジャズマンの「定説」「伝説」の続きです。これらの情報の出どころですが、たとえばインタヴューや雑誌記事などが一次情報で、それが伝播して定説化していくということが多いと思われます。出どころが不確実な情報も、時が経つにつれてその詳細はあいまいになり、ときには尾ひれがついて「伝説」化しているという事項もたくさんあることでしょう。

そういった状況の中、信頼に足る情報源といえば自伝や評伝です。有名ジャズマンの自伝や評伝は数多く残されており、たとえばルイ・アームストロング(『サッチモ:ニュー・オルリーンズの青春』)、ビリー・ホリデイ(『奇妙な果実』)、チャールズ・ミンガス(『負け犬の下で』)の自伝は昔からよく知られるところです。ほかにもマイルス・デイヴィス(『マイルス・デイヴィス自伝』)、ウェイン・ショーター(『フットプリンツ』)、ハービー・ハンコック(『ハービー・ハンコック自伝 新しいジャズの可能性を追う旅』)、ゲイリー・バートン(『ゲイリー・バートン自伝』)など近年でも多くあり、またスタン・ゲッツの評伝『スタン・ゲッツ:音楽を生きる』は、昨年村上春樹が翻訳刊行して話題になりました。(書名は邦訳本。以下同)

そんななかで、もっとも数多く評伝が残されているのが、チャーリー・パーカーでしょう。1920年に生まれたパーカーは、いわゆる「モダン・ジャズ」を作った、ジャズの歴史上最重要人物のひとりです。1955年に亡くなりましたが、これまでに1)『チャーリー・パーカーの伝説』(ロバート・ジョージ・ライズナー著・1962年刊)、2)『バードは生きている チャーリー・パーカーの栄光と苦難』(ロス・ラッセル著・1973年刊)、3)『チャーリー・パーカー モダンジャズを作った男』(カール・ウォイデック著・1998年刊)の3種が刊行されています。いずれもかなりの大著で膨大な情報があふれています。これらに記されたエピソードから、多くの「パーカー像」が生まれました。しかし、先に評伝は信頼に足ると書きましたが、じつは真実ではないという部分も多く指摘されています(まあ、1)の『伝説』は、パーカーについての81人へのインタヴュー集なので、私感が多くて当然ではありますが)。

【関連記事】