Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全国とつながる オンラインで大おきゃく

配信

テレビ高知

テレビ高知

毎年3月に高知市中心街で開かれ大勢の人でにぎわう「土佐のおきゃく」ですが、今年は新型コロナの影響で中止となりました。しかし、新型コロナに負けてはいられません。そこでオンラインでの「土佐のおきゃく」がきのう開かれ、高知ファンおよそ200人が「オンラインおきゃく」を楽しみました。 初めてオンラインで開かれた「高知の大おきゃく」。メイン会場となったのは東京・銀座のアンテナショップ「まるごと高知」の2階にある店です。ナビゲーターはグルメ雑誌dancyuの植野広生編集長です。dancyuではこれまで土佐のあかうしや田舎寿司などを紹介し、植野さんは去年、「土佐のおきゃくPR大使」にも選ばれています。 「土佐のおきゃく」は高知市中心商店街を宴会場に見立て、毎年3月、およそ1週間にわたって開かれる人気イベントです。去年はおよそ7万4000人が参加。今年15回目が開かれる予定でした。しかし、新型コロナの影響で中止に。 そこで、今回は「まるごと高知」を運営する地産外商公社とdancyuがコラボして開きました。高知の「おきゃく」文化をアピールしようというのがねらいです。イベントでは県内各所を中継で結び、高知のおきゃくさながらの雰囲気を演出します。高知からは浜田知事も参加しました。 きのうは全国各地から高知ファンおよそ200人が参加しました。 それぞれが飲む酒を画面に見せて紹介しあうなど、オンラインならではの「おきゃく」となりました。 「土佐のおきゃく実行委員会」のメンバーも参加し、「土佐のおきゃく」を盛り上げます。菊の花や、べく杯など土佐のお座敷遊びを紹介しました。オンラインでのお座敷遊びにナビゲーターの植野さんも参加です。 さすがは土佐のおきゃくPR大使です。2時間があっという間に過ぎていきました。

【関連記事】