Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニー「PS4」ネット価格が「PS5」と同じ5万円台 後継機が発表も“高止まり”のワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 9月17日、ソニーは次世代ゲーム機「PlayStation5」(以下PS5)を11月12日に発売すると発表した。併せて明かされた希望小売価格は、ディスクドライブ搭載モデルが5万4978円(税込み、以下同)非搭載モデル(デジタル・エディション)が4万3978円。その一方、前世代機であるPS4のネット販売価格は、平均5万4855円(9月22日現在)と、PS5の価格とほぼ同じなのだ。なぜこんな珍現象が起きているのか。  ***

 新型ハードにしてはリーズナブルなそのお値段に、Twitterでは〈PS5安すぎ〉が一時期トレンド入りした。とはいえ、PS4のネット価格がPS5と同じだというのは、なんともおかしな状態だ。ソニー・インタラクティブエンタテインメント代表取締役社長のジム・ライアン氏は、PS5でもPS4のゲームのうち“99%”は遊べると明かしている(ワシントンポスト、ファミ通.comインタビューより)。つまりPS5には後方互換があるため、PS4をわざわざ購入する必要はないはずだ。  PS4の現行モデルの希望小売価格は3万2978円である。対して、通販サイトの価格をまとめて比較できるサイト「在庫速報.com」のデータによると、今年4月28日の時点で、平均販売価格は5万2714円まで上昇していた。コロナ禍での外出自粛による巣ごもり需要のためだ。その後、一時的に3万9000円台にまで値を下げたものの、プレミア価格が続いている。19日のPS5発表から4日が経った22日現在、値下がりの傾向を見せているものの、いまだ高値は維持されている。

 同じくコロナ特需が報じられた任天堂の「Nintendo Switch」(以下Switch)の場合はどうか。希望価格3万2978円のところ、4月28日時点でのネット平均価格は5万5990円。が、PS4とは異なりその後緩やかに下落し、9月21日現在で4万3264円まで落ち着いている。

【関連記事】