Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

油冷エンジンを愛して24年のライダーが、新生油冷マシン・ジクサー250に乗るとどう感じるのか?

配信

モーサイ

【97馬力】油冷1156cc並列4気筒DOHC4バルブ VS 【26馬力】油冷249cc単気筒OHC4バルブ

筆者の名は小川恭範(おがわ・やすのり)。2019年10月までモーターサイクリスト編集部に在籍し、現在は主夫業と東洋医学関連の学業とを両立中。1996年に新発売されたスズキGSF1200Sにひと目ぼれしてニコニコ現金払いで購入。以来、健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも(中略)、カスタムや修理費に大枚をはたきながら、14万6400km余りを共に駆け抜けてきた。身長178cm、体重はようやく3桁から2桁になったばかり。 【画像ギャラリー4点】新世代油冷「SOCS」と、従来の油冷「SACS」の構造を比較する そんな私の経歴に目をつけた(?)「モーサイweb」の編集長からジキジキに、「油冷歴24年の“脂の乗ったライダー”は、新しい油冷マシンをどう思うのか語ってください」という依頼を受け少々困惑した。

忘れもしない1996年2月29日が発売日であるスズキGSF1200S。よりによって4年に1度しかない日を選ばなくてもいいだろう……。当時、モーターサイクリスト編集部で事前ニュースリリースを見て苦笑しつつも、実はその日が自分の誕生日でもあるため“運命”すら感じてしまったのは本当だ。 職権を乱用し(!?)ヤマハXJR1200Rとの比較ページまで作成して試乗を重ねた末に購入を決意。気がつけば24年間も所有し続けている。 閑話休題。現在はヨシムラの4into1チタンサイクロンを装備し、中速域までの極太トルクはそのままに、レッドゾーンまで豪快に吹け上がる仕様となった愛車。四半世紀近く付き合っているのにセルモーターを回すたび心拍数が跳ね上がる。ちょっとラフにスロットルをひねればフロントタイヤは簡単に離陸を開始……。 一般道はもちろん、高速巡航でも5速ホールド・4000回転以下でほぼ間に合ってしまうため、おとなしめの走りを心掛ければ18~20km/Lという実走行燃費もたたき出してしまう。弱点と言えば夏の熱気くらいか。

ここで話は冒頭に戻る。そんなGSF1200Sと新開発の249cc・単気筒OHC4バルブエンジンを搭載するジクサーSF250とを等しく論じてくれと依頼されてもねぇ。どだい同じ「油冷」と言ってもGSX-R750を起点とするGSFの「SACS」と、ジクサーの「SOCS」とでは、システムがまるで異なっている。ちょいと割り切れない思いを抱えながら、取材の待ち合わせ場所へいそいそと……。 マットプラチナシルバーメタリックNo.2の塗色をまとったジクサーSF250は陽光に良く映える。東京モーターショー2019以来の対面となるが、グラマラスなカウルデザインも秀逸で素直にカッコよく、単気筒エンジン搭載車と思えない存在感をうまく醸し出している。では、キーオンにして……。

【関連記事】