Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松尾太陽“うたうたい”としての願い。あなたが元気で少しでも多くの瞬間を笑顔で過ごせますように──。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

9月2日、ミニアルバム『うたうたい』でソロデビューした松尾太陽(マツオタカシ)が、9月16日にミニアルバム初回限定盤購入者を対象とした生配信ライブを行った。超特急のボーカルとしての活動と並行して、ソロアーティストの活動を本格始動した太陽。これまでもソロでの単独公演は行っているものの、自身の作品を携えてのライブ、そして生配信でのライブは初めての試みだ。 【画像】ソロアーティスト・松尾太陽のライブ写真 ---------- 【ライブレポート】 松尾太陽 デビューミニアルバム「うたうたい」購入者限定ライブ 2020.09.16 ※配信ライブ ---------- ■“うたうたい”松尾太陽が全身全霊で感じた喜びと充実感 全国のファンが期待を膨らませる中、バンド演奏をバックにステージに登場した太陽。堂々とした立ち姿でスタンドマイクを握り、始まったのは1曲目の「Sorrow」。 まるで目の前に観客がいるかのように、優しく歌いかける太陽。歌う喜びが滲み出ているような笑顔で聴き手に届ける“大丈夫”の言葉は力強く、自信に満ちていた。 アップテンポな曲調に手振りを付けながら歌を届けた「mellow.P」ではカメラの先にいるファンにクラップを煽り、パーティー感を演出すると、クールな笑みでポーズを決めてフィニッシュ。こういった、ふとした表情も逃さず見れるのは配信ならでは。 「やっとライブができた!!」と、とびきりの笑顔で始まったMCでは「まだ始まって間もないですけど、本当に貴重なライブになること間違いなし! と僕自身が思っています」と手応えを語り、「(ネガティブな気持ちを)少しでも忘れられるように、ただただ音楽を楽しんでください」と笑顔を送る。 「上京時を思い出して、いろんなことを乗り越えていけたら良いなと思って書いた」と語った「掌」は、松尾太陽自身が作詞作曲に携わったナンバー。ミディアムな曲調にしっかり気持ちを重ねて、丁寧に力強く歌い上げるリアルな言葉たちが聴く者の胸を打つ。 アルバムテーマであり、彼がルーツと語るシティポップ感満載の「The Brand New Way」では黒のスーツに着替え、スタイリッシュな歌とパフォーマンスを披露。軽快なステップでいきいきと歌い踊る姿に、現在の太陽が本当にやりたかったことが見えた気がした。 超特急で最年少メンバーとしてデビューし、驚異的な速度で進化を遂げてきた太陽。活動を重ねて曲が増えるにつれて、様々な歌唱法や表現方法が求められるも、そのたびに壁を乗り越え、今では自信と実力を兼ね備えたボーカリストとして立派に成長。 超特急を歌で引っ張る存在として逞しい姿を見せてきた彼が、今度はソロアーティストとして、たったひとりでステージに立ち、“松尾太陽”という自分自身を表現。超特急を長く追いかけているファンは、この日の配信ライブを驚いて観た人もいれば、感慨深い気持ちで観た人もいただろう。 「いろんな人を元気にしたり、笑顔にしたりできるエンターテインメントを届けたいという一心でライブを届けています」とこの日のライブにかける想いを語り、「これからも松尾太陽と超特急の両方の活動を頑張っていきたい」という強い決意の後に歌ったのは、超特急の「ソレイユ」。 オレンジの照明の下、穏やかな表情で温かみと哀愁が入り交じる夕焼け感ある歌を聴かせる。少し大人になった等身大の彼と超特急での彼の姿が重なるこの曲は、自信の裏づけにある超特急メンバーの存在も想像させた。 ラストはミニアルバムの最後に収録された、「Hello」。“随分遠くへ来たような まだ始まったばかりのような”の歌い出しの歌詞が、ソロアーティストとして走り出した今の彼を想起させる同曲。迷いながらも“見えない明日”に走り出す姿を歌った歌詞は、生のライブをできない現状とも重なる。 “何度でも Say Hallo”と前のめりになって、ファンに必死で届ける太陽。彼のポジティブなメッセージはきっと観る者を元気に笑顔にしてくれたはず。 ライブを終え、「ありがとうございました。本当に幸せな時間でした!」と大きな笑顔で手を振る太陽。その顔は“うたうたい”として自分の愛する楽曲を直接大切な人たちに届けることができたという自信とその喜びに満ち溢れていた。 TEXT BY フジジュン PHOTO BY 米山三郎 ■SETLIST 01.Sorrow 02.mellow.P 03.掌 04.The Brand New Way 05.ソレイユ 06.Hello 【プロフィール】 マツオタカシ/1996年9月23日生まれ、大阪府出身。2012年6月に超特急のボーカルとしてCDデビュー。2019年9月には自身初となる単独公演『Utautai』を開催し、2020年9月2日に幼少期より影響を受けてきたCity Popsをテーマにミニアルバム『うたうたい』でソロデビュー。 【リリース情報】 2020.09.02 ON SALE MINI ALBUM『うたうたい』

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】