Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久間田琳加主演ドラマ「マリーミー!」の主題歌は“新世代ラッパー”Rude-αが描く”令和のウェディングソング”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

10月3日(土)からスタートする久間田琳加主演のドラマ「マリーミー!」(毎週土曜夜2:30-3:00ほか、テレビ朝日ほか※ABCテレビでは、10月4日[日]毎週日曜夜11:25-11:55)の主題歌が、“新世代ラッパー”として注目されるRude-αの書き下ろし新曲、「マリーミー」に決定した。 【写真を見る】久間田琳加&Rude-α自然体ピースで2ショット 同作は、「LINEマンガ」オリジナル作品が原作。架空の法律「ニート保護法」の下、強制的に結婚することになった“ニート”の女性・沢本陽茉梨(久間田)と結婚相手の秋保心(瀬戸利樹)が、恋愛に不器用過ぎる中でも、日常を共にしゆっくりと愛を育んでいく“ほわキュン”ラブストーリー。 今回、主題歌を担当するRude-αは、2019年5月にメジャーデビューし、ティーンを中心に話題を集めてきた。 また、2019年夏には、ABEMAの超人気恋愛リアリティーショー「オオカミちゃんには騙されない」に出演し、一見、ヤンチャそうなルックスから放たれる、沖縄出身ならでは(!?)のゆるくて独特な発言やキャラクターが大きな話題に。 出演後にリリースしたデジタルシングル“It’s only love”は、ストリーミングで1500万回再生を超え、MVはYouTubeのみでも744万回再生される大ヒットを記録している。 そんなRude-αの新たな挑戦となるドラマの主題歌提供は、ドラマの原作マンガを読み、23歳の彼がいま思う「結婚」への憧れを歌った曲へと仕上がった。 心の底からの「好き!」の思いを、これまでにないくらいまっすぐな言葉で書き上げた、”令和のウェディングソング”。ドラマエンディングで流れる、陽茉梨と心の幸せな日常風景の映像と共に温かい気持ちにさせてくれる。 さらに、Rude-αはドラマ第2話で、初のドラマ出演を果たす。 ■ Rude-αからのコメントを紹介 ――今回が初のドラマ主題歌の制作となりましたが、オファーを聞いたときのお気持ちは? 主題歌を担当するのは初だったので率直にうれしかったです。ドラマの中から自分の曲が聴こえてくるという経験は今後のアーティスト活動の上で生きてくることだと思うので、このような機会を与えてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです! ――主題歌「マリーミー」に込めた思いを聞かせてください。 初めに台本を読ませていただいて、その後に原作の漫画を読ませていただきました。主人公達の徐々にお互いを理解して距離が埋まってくる瞬間や、相手を愛おしいと気づく瞬間は、愛にあふれていて美しいと思ったので、映像を見た人が感情移入できるような、ドラマに寄り添った音楽を意識しながら作曲しました。 ――「マリーミー」の歌詞や楽曲の聴きどころはどこですか? 心の底から人を思った時に出てくる言葉は比喩表現よりも、きっとシンプルに「好きだ!」とかそういうものなんじゃないかと思って、今までにないくらいストレートな言葉で歌詞を書きました。曲もPOPで、だれでも聴きやすい作品に仕上がったと思っています。 ――「結婚」がテーマの楽曲制作となりましたが、自身の結婚観に変化はありましたか? 結婚というものは、相手の喜びと同時に悲しみも受け入れて共に成長していくものなんだなと思いました。今回、「あなたの年老いた姿を見たい」という思いを込めた詞を書いたんですが、いつか誰かと結婚する時にきっとそういうプロポーズを自分はするんだろうなと思いました。 ――ドラマの視聴者に向けてメッセージをお願いします。 「結婚」という初のテーマだったのですが、ドラマと照らし合わせて聴いて欲しいです!いつか誰かの結婚式のウェディングソングになればうれしいなと思います。 ■ 久間田琳加からのコメントを紹介 ――主題歌「マリーミー」を聞いた感想を教えてください。 聴けば聴くほど歌詞の深みが感じられる曲で、皆さんも聴いた時に自分の人生の中で大切に思っている人たちが浮かんでくるんじゃないかなと思いました。私は、この曲を聴くとドラマの共演者さんやスタッフさんの顔が浮かんできます! ――Rude-αさんのカメオ出演シーンはいかがでしたか? 元々、主題歌の音源を聴いていてすてきな曲だなと思っていたので、歌っているご本人にお会いできてうれしかったです!Rude-αさんが初演技でとても緊張されていて、私までつられて緊張してしまいましたが、年齢が近いこともあって、空き時間には皆でお話しもできて、楽しい撮影でした!(ザテレビジョン)

【関連記事】