Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本田翼、マツコにゲームの魅力を熱弁 「マツコ会議」で話題のゲームを体験「老後のために…」

配信

ENCOUNT

マツコもゲームの魅力に気づく「ちょっと一通りゲーム機をそろえようか」

 日本テレビ系で13日に放送される「マツコ会議」でゲーム初心者のマツコ・デラックスが、ゲーマーとしても有名な本田翼と話題のゲーム「あつまれ どうぶつの森」に挑戦する。  6日の放送では、本田と芸能人の新たな生き方を語り合ったマツコ。ゲーム実況をしないといけなくなった時のために、ゲーム配信で好評を得ている本田からゲームを教わることとなった。 「ゲームは楽しめれば下手でもいい」というのが持論の本田が、マツコにまず提案したゲームが、世界で1100万本以上売れている「あつまれ どうぶつの森」。「何がそんなに魅力なの?」と問いかけるマツコに、本田翼は「実際にやってみたらわかるんじゃないですか」とゲームに誘い、コントローラーの使い方から手ほどきした。  島で魚釣りや買い物をするといった、ほのぼのした同ゲームの雰囲気を楽しみ、「終わるきっかけがなくなるね」と大ヒットの理由を体感したマツコ。また、「老後のためにゲームを始めたいと思っていた」と言う一方で、「あんま『どうぶつの森』で遊んでいると、優しい人間になってしまって食いっぱぐれてしまうかも……」と自身の“キャラクター”の変化に心配する一面も見せた。  次に、本田が紹介したのは、何度も繰り返しプレイしたくなるというフランスのゲーム。マツコに1番のオススメで、本田いわく小説の中に入った気持ちになれるのだそうだ。ストーリーを自分で選択していくゲームで、その選択で最後の結末が変わっていくという。 「生きてるこの人生だって、果たしてこの選択であっているのかっていうことの繰り返しだもんね……。なんかフランスっぽい、これかな?」とマツコは興味を示した。  その他にも、大人気のレースゲームにも挑戦。「ファミコン世代なのに、ゲームを通ってこなかったのよ。ちょっと一通りゲーム機をそろえようか」と、マツコもゲームの楽しさに気づいたようだ。  さらに番組後半では、本田がいま取り組んでいるという夢について語る。「今年28歳で大人になってきて、自分のしたいことって何だったかと改めて考えることがあった」という本田の発表にも注目だ。

ENCOUNT編集部

【関連記事】