Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

勝村政信主演『ドクターY』第5弾、秋放送決定 内田有紀演じる城之内博美が初登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 あの“腹腔鏡の魔術師”加地秀樹が帰ってくる。勝村政信演じる外科医・加地秀樹を主人公に据えた、『ドクターX~外科医・大門未知子~』のスピンオフドラマ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』シリーズ第5弾が、今秋、テレビ朝日系で放送されることが発表された。 【写真】未知子(米倉涼子)と博美(内田有紀)の仲良しショット  群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む外科医・加地秀樹。「腹腔鏡の魔術師」と崇められるほど腕がいいけれど、人としては何だか残念な…もとい、非常に人間らしい加地の活躍を描く『ドクターX』のスピンオフシリーズとして2016年に誕生。その後も好評を博しながら着実にシリーズを重ね、昨年の第4弾ではプライム帯に進出し、2時間スペシャルで放送された。  今回の第5弾も2時間スペシャルになることが決定。東帝大学病院を追われた後、私立の名門・成鏡大学病院に客員准教授として招かれていた加地が、そこで働く医師やVIP患者たちとともにさまざまなドラマを繰り広げる。  『ドクターY』には、毎回『ドクターX』のキャラクター(キャスト)が登場(出演)。これまでに、大門未知子(米倉涼子)、神原晶(岸部一徳)のほか、加地の盟友・原守(鈴木浩介)や「御意」のエキスパート・海老名敬(遠藤憲一)が、物語に大きな爪あとを残しっていった。  第5弾には、未知子と強い信頼関係で結ばれ、“最強のパートナー”として数々のオペを成功させてきたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が、満を持して参上。  NBA入りが確実視されるバスケットボール界の若きスーパースター・大根類の手術をサポートするため成鏡大学病院に呼ばれた博美は、そこで加地と再会。大根の手術を執刀させてもらえず腐る加地を尻目に、次期教授の有力候補でもある主任准教授・那須浩一とともに大根の手術に取り組むことになる。  同じ頃、博美の娘でイギリスにバレエ留学中だった舞(藤井杏奈)が一時帰国。博美は母親として、思春期を迎えた舞とのちょっぴりギクシャクした関係にも悩むことに。  一方の加地は、もうひとりのVIP患者である日本スポーツ連合会長の尾蔵大介に取り入り、なんとか東帝大復帰への足がかりを作ろうと画策。そんな中、大根の手術中に緊急事態が発生。その原因がなんと博美のミスによるものだと主張されてしまい…。  麻酔医として、そして母親として、窮地に立たされ選択を迫られることになる博美。果たして博美の選ぶ道とは? 加地は博美のピンチを救うことができるのか?  「ようやく呼んでいただけました」と念願の『ドクターY』出演に内田はニッコリ。『ドクターX』で長いシリーズをともに歩んできた勝村も、気心の知れた“チームメイト”内田の参戦に「とても心強い!」と全幅の信頼を寄せた。  ほかの作品で母親役を演じることもあった内田だが、“思春期の娘とぶつかる”という今回のようなシチュエーションは初めてだったそうで、「とても新鮮でした」と語っていた。そんな思春期の娘・舞を演じる藤井杏奈とはおよそ4年ぶりの再会。『ドクターX』第1シリーズ当時は幼稚園生だった藤井が、今作では12歳になり、内田も「晶さん(岸部一徳)と一緒に“ワニザメさん”をやっていたときは幼稚園生だったのに、すっかりお姉さんになって…」とその成長ぶりに目を細めていた。 ■勝村政信のコメント  『ドクターY』もなんと今回で5回目ということで、感無量です! 前にも一度、『ドクターX』の放送がない年に『ドクターY』だけ放送したことがあったのですが、今年もまたそのパターンでしたので、少々不安定な心のまま撮影に突入しました(笑)。  でも今回は(内田)有紀ちゃんが出てくださるので、本当に安心なんです。僕ら東帝大病院の医局メンバーはもうチームみたいなもので、いなくてもその存在は感じるくらいですから、実際にいてくれるというのはとても心強い。お互いに何をしようとしているのかも、理解できるようになっていますしね。  今回は有紀ちゃん演じる城之内先生の家庭もクローズアップされ、母娘関係も描かれています。娘の舞ちゃんを演じる藤井杏奈ちゃんが第1リーズのときは幼稚園生だったのが、今はもう中学生になろうかというくらいに大きくなっていて、その成長の具合が見られるのも感慨深いですし、思春期ならではの母娘の苦悩が描かれるのもまた、楽しめる部分の一つではないかと思います。  加地先生ってお金が好きだったり、権力に弱かったりという部分はありながらも、医師としての腕は確かで、医学界でも多少は名が知れているんですよね。“医療”の面に関してはいつも本当にしっかり描いてくださっているので、外科医・加地秀樹としてかっこいい部分もありつつ、あとにはちゃんと踏み外す何かがある――今回もその“振り幅”は健在で、そこが『ドクターY』としての面白さになっていると思います。  配信だけでやっていた頃はコント色も強く(笑)、自由にやっていましたが、2時間の作品になると物語もしっかりとしていないといけないということもあり(笑)、シリーズを重ねるごとに加地先生の魅力は増しているのではないですかね! ■内田有紀のコメント  『ドクターY』は放送されるたび、いつも見ていたので「いつか城之内先生は呼んでもらえるのかな」と思っていたのですが、今回ようやく呼んでいただけました(笑)。光栄です!  今回のお話は麻酔医としての城之内先生と、母親としての城之内博美、その両方が描かれています。『ドクターX』の中では比較的プライベートが描かれるほうのキャラクターではあるので、今回のストーリーはその延長線上にあるのかな、という気持ちで演じています。娘が思春期を迎えて、博美と感情の行き違いなどがあるのですが、私自身も母親役を演じる中で“子どもとぶつかる”という経験が初めてだったので、そのシチュエーションはとても新鮮でした。  舞(藤井杏奈)とは4年ぶりでしょうか…。博美が倒れて、未知子(米倉涼子)が手術をする、という第4シリーズ(2016年)の最終話以来だったので、本当に久しぶりに会ったのですが、すっかりお姉さんになっていました。晶さん(岸部一徳)と一緒に“ワニザメさん”をやっていたときは幼稚園生だったんだよね、ってさっきも杏奈ちゃんと話していたんです。懐かしいですし、長いシリーズならではですよね。  『ドクターY』では、加地先生が『ドクターX』のときよりも“自由”に動いています(笑)。その伸び伸びした感じと、でも実は加地先生が素晴らしい医師だということも再認識できるのが今回のお話だと思います。手術のアプローチもすごく面白いですし、そこに博美と舞の物語も加わってスパイスになっているので、ご家族皆さんで楽しんでいただける作品になっているのではないでしょうか。

【関連記事】