Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ野球最強の左打者は誰だ?投打左右の組み合わせ毎のOPSランキング

配信

Baseball Geeks

投打左右の組み合わせ毎の成績を比較すると、「左投手対左打者」では投手が有利である。裏を返すと、左投手に対しても好成績を残せる左打者はかなり貴重な存在である。 今回は、このように投打左右の組み合わせに関係なく結果を残している打者をOPSから探っていきたい。

投打左右の組み合わせの違いによるOPSの比較

まずは昨シーズンのプロ野球のデータから、投手の投球腕の違いによる右打者・左打者それぞれのOPSを比較する(表)。 最もOPSが高かったのは左投手対右打者であった。また、右打者は左右どちらの投手との対戦においてもNPB平均以上のOPSを記録した。一方で、左打者は左右どちらの投手と対戦した場合でもOPSがNPB平均を下回っていた。

昨シーズンのプロ野球OPSランキングをみてもトップ10に右打者が8人ランクインしており、長打を打つことに関しては右打者の方が優れている打者が多いといえるだろう(表)。

右打者:投手の左右に影響されない安定した成績

ここからは、投打左右の組み合わせにおけるOPSランキングについて考察していきたい。まずは、投手の投球腕毎の右打者のOPSランキングをみてみる(表)。 対右投手のOPSランキング1位は山田(ヤクルト)、対左投手のOPSランキング1位はグラシアル(ソフトバンク)であった。組み合わせのランキングを比較すると、基本的に対左投手のOPSのほうが高かった。対左投手のOPSはトップ10が全員1.000を超えており、左投手対右打者は基本的に打者有利な組み合わせであるのだろう。 打席数が少ない打者の中では川島(ソフトバンク)が対左投手で8位にランクインした。「左キラー」と呼ばれる理由がわかるだろう。磯村(広島)も対右投手に対して2位のOPSを記録しており、打席数こそ少なくともここ一番という時に結果を残せる選手の存在はチームの得点力の底上げにつながるだろう。

左打者:左投手に対して結果を残せる選手がポイント

続いて、投手の投球腕毎の左打者のOPSランキングをみてみる(表)。 対右投手のOPSランキング1位は吉田(オリックス)、対左投手のOPSランキング1位は森(西武)であった。組み合わせのランキングを比較すると、対左投手のOPSが低い。NPB個人別ランキングにて6位のOPS(0.956)を記録した吉田も対左投手時には0.719と成績を落としていることからも、やはり基本的には左投手対左打者の組み合わせでは圧倒的に投手有利であるといえる。 これを踏まえると、左投手との対戦でOPS1.018と好成績を残している森がいかに貴重な存在かということがわかる。また、打席数の兼ね合いでランク外となったが、柳田(ソフトバンク)も対左投手のOPSが1.267と非常に高い。投手有利な左投手との対戦時に高いOPSを記録できることは、チームの得点力アップに確実に貢献しているといえるだろう。 打者有利・投手有利な組み合わせが存在するが、投打左右の組み合わせに関係なく好成績を残せる打者を1人でも多く打線に組み込めることは、チームの勝敗を大きく左右するだろう。

【関連記事】