Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮崎で今年全国最高の36.6℃ 全国23地点で35℃以上の猛暑日に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

今日21日(火)は西日本から東海で気温が上がり、各地で35℃以上を観測し猛暑日となりました。宮崎市では今年の全国最高気温を記録しています。 梅雨前線の南側の夏の空気に覆われた九州から四国、近畿、東海にかけては晴れて気温が上がりました。朝から気温が高かったこともあり、昨日よりも気温の上昇ペースが早く、宮崎市では14時27分に36.6℃を観測しています。これは6月10日に福島県会津若松市で記録した36.4℃を上回る、今年の全国最高気温です。 そのほか、京都市で36.1℃、奈良市で35.3℃、岐阜市で35.0℃まで上がり、今年最多の全国23地点が35℃以上の猛暑日になっています。(15時までの集計)

明日も東海や近畿で暑さが続く

明日22日(水)は雨が降る九州や中四国で今日よりも気温が低い一方で、日差しの届く東海や近畿は暑さが続く見込みです。 名古屋は33℃まで上がり、内陸部では35℃以上の猛暑日の可能性があります。梅雨明け前ですが、連日の厳しい暑さが体に堪えますので、しっかりと休養をとった上で、水分補給・塩分補給などの熱中症対策を欠かさないでください。

ウェザーニュース

【関連記事】